--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/10

ドバイミレニアムの話

凱旋門賞では勝つことはできなかったけれど、今年のドバウィ産駒の欧州での活躍は凄まじいものがありますよね。
近年、「またガリレオかよ、つまんねーな状態」だった欧州で、今年はリーディングを取っちまいそうな勢いでございます。
でもって、あのトレヴさんの最初の花婿候補最有力とか。まさに絶頂期を迎えつつあるわけですな。

今日は、そんなドバウィくんのお父さんであるドバイミレニアムのお話。

現役時代は、鞍上デットーリで、ぶっちぎりぶっちぎりを繰り返した化け物で、モンジューとのマッチレースは、まじ見てみたかったし、見られないと決まったときの落胆ときたら、それはそれは大きなものでございました。

どのくらい凄いかって、先日、デットーリが凱旋門賞を勝って、ゴールデンホーンのことを「これまででNo.1!!」とか言っちゃったのは、世界に誇るニッポンの歌のベスト10に、恋するフォーチュンクッキーが入っちまうってのはさすがに論外として、歴代名馬100頭とかの一般公募にハープスターが(それも結構な上位で)入っちまうみたいな話の一つとして、真に受けなくてもいいとは思うけれど、そんな話の際に決まって引き合いに出されるくらいの名馬なわけでございます。

引退後は当然種牡馬になったんだけど、僅か1世代、56頭だけの産駒を残してお亡くなりになってしまいまして、そのうちの一頭であるドバウィが、チャンピオンクラスとまでは到底行かないまでも、いくつかのGⅠを勝ち、種牡馬入りすることができたのは、不幸中の最低限もまた最低限の幸いで、前途の通り、父系は少なくとも、もうしばらくは拡大を見せてくれそうな状態とはなりました。

ただ、現役時代のファンタスティックなレースぶりを体感した者としては、ドバウィくらいでは「この程度か・・」と落胆もしたというのは正直なところであって、普通に10年ちょっとは種牡馬をしていたら、とんでもない化け物も出していたかもで、世界の血統地図はどんなになっていたんだろうな、と想像だけでしか語れない世界になってしまうわけでございます。

とまぁ、このブログを見に来られる方々にとっては今更な話がここまで。

こっからが本題と言うか、書きたかったことなのですが、つっても大して深い話でもないんですが、、産駒数がこれだけ少ないってことは、牝馬の数も当然少ないわけで、いわゆる"ドバイミレニアム牝馬"ってのも、正確な数はわからないけれど、ほんと数えるくらいしかいないわけですよね。

ドバウィくんの活躍も合わせて、そんな希少価値満載のドバイミレニアム牝馬なわけだけれど、なんと5頭もが日本で繁殖生活を送っているのはご存知でしょうか。

ディサイファの母であるミズナを筆頭に、スプリングレイン、ロイヤルガラ、パヒューメリー、ラシアンレヴォリューションといった面々。

ただ、みんな、びっくりするぐらい産駒が走っていないんですよね。。
基本的にダーレージャパンファームでの繁用なので、それに伴い生じる華麗なまでの"ダーレー縛り"で、コマンズとアドマイヤムーンばっかり付け続けられているってハンデはあるのだけれど、というか、やっぱり、数少ないディープインパクト産駒のディサイファは中当たりをしていたりはするので戦略変えた方がいいんじゃねーか、って別の記事一つになっちゃうくらいの話はあるにしても、それよりもやっぱり、「適性」という面で、欧州で繁殖生活を送ってこそ活躍馬を送り出せる可能性も高くなるんじゃないかなぁ、と思うわけでごさいます。
希少性も考えたら、日本に置いていたらいけないんじゃね!?って話。

ガリレオでいいから付けようよ。フランケルだっていいじゃねーかよ。
もったいねーよー。欧州に返してやろうよー。。

ってなことを、凱旋門賞を見て感じたわけでございました。

でも、ディサイファ、お前は今秋、ニッポンで頑張りんさいよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。ツィッターいつも拝見しております。30年以上の競馬歴で、血統にもすごく興味があるのですが、知識が浅すぎてmiesqueさんのツイッター・ブログは非常に勉強になりますし、読ませていただいていて面白いです。マックイーン~ステイゴールドのファンでもありますので。この記事を拝見して、そういえばステイ産駒のフォンスって母父ドバイミレニアムだったよなぁと思いだしました。ディサイファ以外オープン馬はアドマイヤタイシだけなんですね。フォンスは新馬3着でしたが、ディサイファぐらいの成績上げてほしいなと期待しています。POGの坂東牧場担当者のコメントがあまりにも評価が高かったので。こういうコメント信用している時点でちょっとダメかなぁと少し反省ですが。あと、マックとステイファンとしては、ドリームジャーニー産駒が好調な出だしなのは嬉しいですし、ちょっとホッとしました。受胎率が低くて心配していましたので。今年の種付数は増えたようでよかったです。今後ともブログ・ツイッター楽しみにしています。長文失礼いたしました。

はじめまして

>ステイゴールド一族応援団さん

コメント、本当にありがとうございました。
こんなにきっちりとしたコメントをいただけるなんて、ブログ始めて本当に良かったと思っているところでございます(泣)

ブログも拝見しましたが、というかブックマークしましたが、本当にステゴとマックがお好きなんですねぇ。
ホクトスルタンの春天は、アドマイヤが4頭出しなんかせずに、アドマイヤメインが出走していなかったら、と思うと今でも悔しく思いますし、その後のことは言葉も出ない思いです。
彼は種牡馬にしなければならなかった。

ドリームジャーニーは、まさに受胎率の面でとても心配だったのですが、デビューした産駒は順調に勝ち上がっているみたいなので、「来年は種付け頭数も増えるんだろうなー」と思っていたところ、まさかの今年の回復で、これからの活躍次第では更なる上積みも期待できちゃいそうですね。
来年は、ゴルシも加わっちゃうけどね。まぁ、食い合っちゃうって心配もまだしなくても大丈夫ですかな。

フォンスは、新馬では、出遅れてスローのヨーイドンにやられちゃった感じですが、才能は示してくれたし、藤原先生のとこだしで、将来が楽しみな一頭ですね。
早く中山で走らせたい。更に言えば、香港だとかドバイだとかで。いや、わりとまじで。

今後ともよろしくお願い致します。

No title

>miesque23さん
いえいえ、こちらこそ宜しくお願い致します。「きっちりとしたコメント」などと言っていただき嬉しいです。実はmiesqueさんの文章は私などではレベルが高すぎて、知らない事も多くて勉強させていただいているくらいなので、コメント書くの迷ったんですよ・・「何言ってんの?」的な感じになるかなぁと思って(笑)でも書いてよかったです。そうなんです、もうマック・ステイ愛は誰にも負けないくらいに自惚れてますww 返信いただいた中のスルタンのコメント、納得です。ほんと、種牡馬に”しなければならなかった”ですよね。
大きな損失でした。。。
今日はワンブレスアウェイが勝ってくれて
嬉しかったです。でもキャットコインの”全妹”とは言わないようにします(笑)
明後日のヤマニンリュウセイが非常に楽しみです。デビュー戦はまずまずいい競馬だったと思いますし。ちょい気性が心配ですが、黄金配合+サンデー3x2がどうでるのか非常に興味深いです。
また長々すみません。それでは失礼いたします。

>ステイゴールド一族応援団さん

今後も、お気軽にコメントくださいますと幸いに思います。

ヤマニンリュウセイは、驚愕の血統ですね。
明日、注目してみます。
ラチに吹っ飛ぶくらいの走りを見たいですねw

それではまた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。