2017/10/05

凱旋門賞について

「実に淡々と終わってしまった。」ってのが、レース直後の率直な感想で、つまりは「強い」、てか「圧倒的に強い」、一言で終わらすんであれば、そんな感じのレースでありました。

エネイブルという歴史的名馬を、こうしてリアルタイムに体感できることへの幸せを感じるってのが、まずあって、で、個人的にはそれと同じくらい、「2400mのチャンピオンが、2400m路線を堂々と歩めば強いんだよ」って話をしたくなる。そんなところなのですが、これやるとまた脱線が長くなるので、それはまた別の機会にあらためることに致しましょうか。

で、やっぱ、デットーリね。
レース内容については、もうあちこちでたくさん語られているから、もうあえては語らんけど、エネイブルだけでなく、彼もまたレジェンドだよな、ってんで、もう、イチローがヒット打つみたく、当たり前の存在になっちゃってるけれど、こうしてリアルタイムに彼の技量や躍動を実感できるってことは、本当に幸せなことであると感じなければならないと改めて思った次第でございます。
我々は、歴史の証人なんですよ。

加えて、そこに対したオブライエンもね。
ウィンターも、オーダーオブセントジョージも、カプリも、なんだったらセブンスヘブンも、こんなとこ(勝ち目の薄いって意味で)には出す「必要」は無くて、別の「持ち場」でもっと輝くことができたのに、こんなにも全力で投入してきて、全力で最強馬を倒す策を考え、全力で実行するって、なんつーか、意地を感じるし、「流石だな」と改めて感じさせられたところであります。

それから、ほとんど触れられてないけれど、
実に前哨戦らしく前哨戦を使って、ここに向けて完全に仕上げ、ちょっとしたボタンの掛け違えさえあれば、余裕で「あわや」まである2着をさせたファーブルのクロスオブスターズだとか、
いつも後ろから行くのに、外の方でやり合うエネイブルとオブライエンの刺客を尻目に、ぽっかり空いた内を、ただ、ぽっかりだけれど、ムーアが奪いに来た内を譲らず、インの2番手っていう絶好位を確保したブラムトとCデムもそうだし(結果詰まっちゃったけどね。詰まらなければ3着はあったでしょ)、
他馬を文字通り「押しのけて」、ギュンギュン内を取りに行ったウィンターのムーアは相変わらずすげーし、
オーダーオブセントジョージも、2年連続で仕事しまくった上での、しかも自分の守備範囲外でのこの着順すげーし、
ドイツの2機は、もうちっと上手い競馬ができればだったけど、共に力のあるところは感じられる内容だったし、
ただの人気薄の完敗にしか見えないけれど、ザラックのスミヨンも、あの野郎、大外から完璧な競馬してやがるし、
ユリシーズのクローリーも、あえて何も語ることが無いくらい、そつのなさすぎる競馬してるし、
ほんと、どいつもこいつも凄ぇー奴らばっかりで、鈴木淑子さんのサムソンビッグじゃないけど、「サトノダイヤモンドは世界で15番目に強いんですね(キラリ」ってのも、"ある側面では"成り立つような、そんな凄ぇーレースでありました。

日本馬(あえて、ここでの主語はサトノダイヤモンドだけとしますが)は、まぁ、今回、前哨戦で条件が合っていないことがはっきりしてたし、何より状態上がってる感じが全く見られなかったし、ルメールは「回避したい」オーラ全開だったしで、もうとっくから「無事に回ってきてね。」てか、「もう帰ってきなよ。」状態であったので、直線伸びてこなくても、特段がっかりもせず、すぐに先団に目線を戻すことができちゃったってのが正直なところでございます。
一応、期待と応援はしたのだけどね。

ただ、わからんですけど、陣営も回避したかったけどできる状況じゃなかったんだろうなぁ、ってのが感じられて、せっかく泊まりで来たんだから、豪雨で雷も鳴りそうだけどゴルフ場行くぞ、って話ならばまだまだ救われるのですが、「馬券売れなくなるから安易に帰ってくるんじゃねぇぞ」的な無言の圧力が生み出されてしまっていたのでしたら、それは大変よろしくないよと思うところでありますね。
てか、凱旋門賞ぐらい、日本馬いなくても馬券売ったらいいのにね。

一応、川田とサトノノブレスに関して言えば、
レース後は、「せめて三角手前のあのタイミングで、一瞬でもエネイブル包めよ」とか思ったし、レースを振り返れば、「むしろエネイブルのガード役として、勝ちに貢献してるじゃねぇか?」って感じだったけれど、陣営からの指示が「ガチ勝負」だったのであれば、まぁ、正しい行いであって、川田に関しては(サトノダイヤモンドにぶつかったことを除いては)何も批判されるべきことは無いねってとこだけど、であれば、やっぱ陣営の方よ、元々勝負するために連れて行った馬でないんだから、いくら大将が勝ち目無くなったからって、無邪気に特攻、ってのはあまりにもやっつけがすぎて、そこは「特攻」ではなく「撤退」を選択してもらいたかったところでございます。もちろん大将共々ね。
なにより、はるばる連れて行かれて、本来の役割と違うことさせられた、サトノノブレスが可哀想でありますよ。(もしかしたら、「凱旋門賞の舞台でサトノノブレスも全力で競馬できて幸せだ!」みたいな考え方、本気でしているかもしれないですが。。)

サトノダイヤモンドはねぇ、まぁ、しょうがない。マカヒキと違って、きっちり菊花賞だ、有馬だ、春天だ、踏んでのものだし、宝塚も自重したし、日本であれば、別に道悪だって走れると見極められていたわけで、あれだけ適性が無いなんて、ほんと現地で走らせてみんことはだし、あそこまで状態上げられないのももちろん想定外だったろうしで、こればっかりは、「運が無かった」と言ってよいのではないかと思います。それゆえに、勇気ある撤退をしてもらいたかったけどね。
そんでもって、まぁ、「ロンシャンだったら・・」と、思いたくなるのもわかりはするところで、来年「行く」となったら、もちろんガッツリ応援しますよ、今年以上にね、って心から思えるのは偽りないところで、なので、何より無事に帰ってきてね、そして、時間を取ってしっかりと立て直してね、とエールを送りたいもんでございます。
ただ、池江先生ね、いくら悔しくても「府中であれば・・」とかは言ったらあかんですよ。。

で、例年語られる「どうやって勝とうか」って話についてはね、とりあえず、あんま気にしないで、日本競馬は日本競馬なんで、日本競馬として淡々と発展していったら良いと思いますよ。当たり前の話ですが。
(ただ、せめて東京優駿は、「2400mを強い馬」が勝てる舞台であってもらいたいですけどね。)

で、そんな中で、オルフェーヴルみたいなのが出たら自然と勝てるわけだし、なんだったら、バンデみたいなのが勝っちゃっても良いんだと思います。

で、更にそんな中で、どうしても凱旋門賞を取りたい関係者さんは、凱旋門賞向けの生産や調教を一部で行ったら良いと思いますよ。カネは掛かるし、実入りは少ないけど、勝ちたいんならね。
もう大手さんとかは、一部でやってたりするんじゃないですかね? やってないか。まぁ、完全に勝手な想像でしかないですが。
てか、本当に「どうしても勝ちたい」のであれば、そのくらいリキ入れんとね。「現状の延長」とか甘いこと言ってないでさ。日本で言えば、エルコンの渡邊さんの"あれ"がまずそうだし、何より、欧州のトップクラスが、あれだけガチになって獲りに行ってやっと勝ち取れるって話なんだからさ。
しつこいけど、これ、「どうしても勝ちたい」のであれば、ね。
客観的なコメントするならば、そこまでするほどのレースではないとは思いますんで。常時「世界の最高峰」ってわけでもないですし。

・・と、なんだか纏まりが悪い感じになってきちゃいましたが、まぁ、なんだかんだで、今年もすっげぇ楽しかったっす、凱旋門賞。

2012年、オルフェーヴルが直線入って楽に抜け出したとき、心から湧き上がってきたのは、一切の喜びでも興奮でもなく、とても残念な気持ちだったんですよね。「あー、何か一つ、大切なものを失ってしまう」的な。

なので、こうして、あーだこーだ騒いでる今が一番楽しいのかもしれないです。

やっぱり生きているうちに日本馬が勝つのを見たい。
客観的には"ああ"は思いますが、個人的にはそんなレースなんです、こいつは。

だから、来年に向け、今週も来週も、明日も明後日も、「アークじゃあ!」「アーク行けアーク!」と叫んでいるんだと思います。

だってもう、20年来の付き合いだもんよ。こんな友達、数えるほどしかいないわけでね。
スポンサーサイト