2016/01/21

次走報

トーホウジャッカルは、阪神大賞典から春天へ。
有馬記念では、菊花賞で負かした2頭がワンツー。後輩菊花賞馬が3着。
黙ってらんないところでしょう。
とにかく、状態が戻ってきていることを祈りたい。

フェイムゲームは、ダイヤモンドSか、阪神大賞典へ。
彼にとっての王道ですな。
今年は有馬を使ってほしいなぁ。

シュヴァルグランも、阪神大賞典から春天へ。
阪神大賞典が試金石となりますね。
春天の盛り上げに、一役買ってもらいたいところです。

ケルフロイデは、弥生賞か、スプリングSへ。
ごくごく当たり前のローテなんだけど、最近はここを歩まない馬も増えてきたから、なんだかホッとしてくる響きですな。

リオンディーズは、弥生賞へ。
最近、避けられつつある、旧来の王道路線を歩んでくれるようで。
中山での、エアスピネルとの再戦は楽しみですな。

ラストインパクトは、ドバイターフかシーマクラシックへ。
今後は、いわゆる角居先生的な使われ方をされていくんでしょうね。騎手も含めて。

メジャーエンブレムは、予定通りクイーンCへ。
阪神も経験しているし、何度も遠征させるのは負担が掛かるしで、たいへん合理的な選択ではあるのですが、正直、桜花賞を狙うにあたっては、あまり良いローテとは思えないんですよね。
まぁ、それも「共同通信杯のひと昔」みたいな話なのかもしれませんが。

ロードクエストは、スプリングSが有力。
この馬こそ、共同通信杯がいいんじゃないかだとか、それこそ毎日杯からNHKマイルでもいいのではと思いますが、狙いを皐月賞としているので、それならば悪くない選択でしょう。

シンハライトは、桜花賞直行か、チューリップ賞かで。
いやー、この直行はさすがにアウトでしょう。

ワントゥワンは、エルフィンSへ。
勝手なイメージでしかないですが、フィリーズレビューだったら、あっさり勝っちゃいそうな気がしないでもないですけどね。

ボールライトニングは、マイル路線。アーリントンCからNZT、NHKマイルCへ。
割り切った感じで良いですね。
こういった馬がもっと増えて欲しいし、ダービー狙いでついでにNHKマイルに来る馬を跳ね除けてほしいです。

イモータルは、共同通信杯へ。
状態戻っているといいですね。
もし戻ってきたのであれば、共同通信杯がこれまた凄いことになってきますな。

プランスシャルマンは、青葉賞などの東京戦をターゲットに。
ジャンポケっ仔だもんね。

スマートレイアーは東京新聞杯へ。
この馬の適性はどこなんだろうなぁ。。
陣営も掴みかねているからこその、ここでのこのレース選択なのだと思います。
スポンサーサイト
2016/01/15

次走報

ノンコノユメは、フェブラリーSへ。
順調に進めて、万全の状態で出てきてもらいたい。
そして、勝ってもらいたいですな。

ロサギガンティアは、京王杯SCから安田記念へ。
なんだか、京王杯を勝っても安田記念で人気しなそうな雰囲気ですね。。
一時期の低迷で見切ってしまったところも、個人的には正直あるのですが、立て直しがされて、てっぺんまで突き抜けてくれるんならそれはそれで頑張ってもらいたい。
"フジキセキの最期の星"にまで上り詰められるかどうか、ってとこですな。

ローレルベローチェは、シルクロードSへ。
あー、ビッグアーサーとぶつかってしまうのか。。
ただ、ここで大コケするくらいの方が、本番ではマークが軽くなって逆に良いのかもしれないですね。
もちろん、本番出られれば、ですが。

スノードラゴンは、オーシャンSで復帰して、高松宮記念を目標に。
世代交代が一気に進みつつある感のスプリント戦線なので、なんだかもう一昔前の馬に感じてしまいますですなぁ。。
当時のフォームに戻っているのであれば、もちろん楽しみな一頭ではあるので、頑張ってもらいたいもんです。

イスラボニータは、中山記念に。
ドゥラメンテ、ロゴタイプ、イスラボニータの皐月賞馬3頭に、アンビシャス、リアルスティール、そしてモーリスまでもが集結したら、ほんと凄いことになりますな。
これ、もう、みんなドバイ行かなくていいんじゃねぇの!?
この馬も、マイルを目標とするくらいならば、適鞍求めて海外遠征をしてもらいたいのだけれど、陣営、なかなか踏み切らないんですよねぇ。
なんか事情があるのかな・・?

ハートレーは、共同通信杯から皐月賞へ直行のローテ。
昨今、結果が出ているローテではあるのですが、実際にはどうなんでしょうかねぇ。。
まぁ、そこはさておき、ひとまず共同通信杯での他の強豪との潰し合いが、楽しみではございます。

ロイカバードは、きさらぎ賞へ。
サトノダイヤモンドと激突ですな。
ただ、なんか、今春は裏街道を歩み続けそうなイメージ。
あくまでもイメージですが。。

ロジクライは、一戦挟んで皐月賞に向かう。
今年はレベル高いですからね。。
トライアルでどこまでやれるか、ってところでしょうか。

レッドアヴァンセは、武豊鞍上でエルフィンSへ。
今年のユタカさんの牝馬クラシックは、彼女とのコンビになりそうかな。

アドマイヤエイカンは、弥生賞へ。
ちょっと昨年の札幌2歳Sのレベルが疑問視されていますね。
今週、京成杯のプロフェット共々、盛り返してもらいたいもんです。

ラニが、米三冠レースに登録。ヒヤシンスSからUAEダービーに出走し、結果次第で参戦へ。
基本的にはUAEダービー出走は反対なのだけれど、彼は元々アメリカ産のアメリカ種牡馬の仔なわけだし、これだけ突き抜けたプランを掲げてくれるんだったら、後押ししたい気持ちになります。
「壊れても仕方がない」くらいの覚悟なんでしょうなぁ。。
健闘を祈りたいです。

ラブリーデイは、大阪杯から香港のQE2へ。
中距離に専念するのであれば、最適なローテですね。
秋の香港Cと合わせて、今後の中距離トップホースのスタンダードとなるのではないでしょうか。
ネーハイシーザーの頃にもこれができたらなぁ。。

ヌーヴォレコルトも大阪杯からQE2へ。
ヴィクトリアマイルに向かうことが"無駄"だというのは痛感したはずなので、これも最適なローテとなるでしょう。
今年は一つくらいはGⅠを取らせてやりたいもんですけどね。

ミッキークイーンは、阪神牝馬Sからヴィクトリアマイルへ。
今年もまた被害馬の一頭が誕生してしまいましたか。
阪神牝馬Sがマイル戦になったことがせめてもの救いですが。。

リアルスティールは、中山記念からドバイ遠征を予定。
この馬は、国内でマイル路線を歩んでもよい気はするのですけどね。
まぁ、ドバイに遠征するならターフを選ぶべきでしょう。

サウンドトゥルーは、川崎記念の後、フェブラリーSはスキップして、かしわ記念から帝王賞のローテで。
フェブラリーSスキップとはずいぶん思い切ったことをしましたな。
芝スタートが懸念とのことですが、チャンピオンズCのレース内容とかを見ても、中央のGⅠだと、15頭を捌いてエンジンを掛けないとといけないけれど、交流重賞だったら、3,4頭を捌けばいい、って考えもあってのことじゃないかと思います。
名より実を取る選択で、はっきりしていて好感が持てますね。

ホワイトフーガは、フェブラリーSへ。
距離適性も「?」だし、芝スタートもどうかだしで、微妙に感じはしますけどね。
まぁ、これだけ結果を残しているわけですし、挑戦すること自体は悪くはないでしょう。
2016/01/08

次走報

キタサンブラックは、春3戦。前哨戦を使ってから、春天→宝塚記念のローテで。
うーん、王道中の王道。素晴らしい。
今年は王道路線を歩む馬が多くいそうで嬉しい限りです。

ゴールドアクターは、日経賞で始動。
こちらも王道路線ですな。
連勝ストップを気にせず、本番を見据えての、王者としての前哨戦の競馬を見せてくれればと思います。

マリアライトも日経賞へ。
こちらを選ぶということは、目標として春天を見据えているのかな?
いいよいいよ。

ラブリーデイは、春はドバイや香港が視野。
こういった適鞍を求めての遠征は大歓迎ですな。
なんだったら、年間通して海外行脚でもいいですぜ。
そしたら、とても楽しみだなぁ。

アルビアーノは、オーシャンSか京都牝馬Sから、高松宮記念→ヴィクトリアマイルのローテで。
距離が短縮された京都牝馬Sが、高松宮記念の前哨戦として機能しつつありますね。
これもまた喜ばしいことです。

アンビシャスは、中山記念で復帰。
内容次第ではドバイも考えていたりするのかな?
鞍上がルメールに戻るのも良いですね。
ドゥラメンテ食っちまえよ、と。

ミッキーアイルは、阪急杯から高松宮記念の予定。
もう繰り返し繰り返しだけれども、「マイル使えよ」ってのと、それ以上に「逃げさせろよ」って話ですな。
これ言われたまま引退しそうで、とても残念です。

サトノダイヤモンドは、きさらぎ賞へ。
裏街道を行くのか。。
というか、ここから皐月賞直行しそうだな。。
この時期使うのならば、ダービー見据えて共同通信杯で良かったんじゃないか?だとかいろいろ考えちゃいます。
せめて、ネオユニ、ドリジャ、サムソンみたく、スプリングSを挟んでもらいたいところですが、どうなるでしょうか。
2016/01/07

次走報

ウインプリメーラは、京都牝馬Sへ。
ここ使って、一息空け、一度使って、ヴィクトリアマイルという流れですかね。
良いんじゃないでしょうか。

ヤマカツエースは、京都記念へ。
あー、休みは入れなかったですか。。
まぁ、この手の馬だと、無理に目標を定めずとも、中距離の重賞をダラダラと使い続けるってのも正解っちゃ正解ですからね。。

アドマイヤデウスも京都記念へ。
秋は枠順の不運もあってチグハグに終わってしまいました。
仕切り直しですな。

トーセンスターダムが、今年もオーストラリア遠征の意向を表明。
いいですね。とてもいいですね。
適した条件を求めての海外遠征は諸手を挙げての応援です。
この馬も、絶対にマイラーではないのだけれど、日本に留まると、先日の京都金杯のようにマイルを使わざるを得ないようなことになるのでね。
頑張ってきてほしいです。

ヌーヴォレコルトは、香港のQE2を目標に。
良いね。これもまたとっても良い。
マイラーでない牝馬が無理にヴィクトリアマイルを目標としなくなる流れは今後も加速していくことでしょう。

レッツゴードンキは、高松宮記念を目標に、京都牝馬Sや阪急杯を視野に。
反対に、短いところが得意な牝馬は、選り取り見取りでレースを選択できますな。
やっぱり、2000m以上の古馬牝馬のレース体系を整えるべきですよ。

ライズトゥフェイムは、AJCCへ。
石川裕紀人の初重賞制覇、期待しています。

シャドウアプローチは、NZTへ。
ジャンポケ産駒なだけに長いところも試してもらいたかったけれど、朝日杯での決定的な差からも「クラシックに向っても」とのことで、妥当な選択となるのですかな。。
トニービンの成長力に期待することにしよう。

デンコウアンジュは、チューリップ賞へ。
阪神JFは無茶苦茶競馬だった、というか競馬になっていなかったので、まだまだ期待して良いと思いますよ。

エスティタートは、フィリーズレビューへ。
ドリジャ産駒か。
勝って桜花賞に駒を進めてもらいたいですな。
2015/12/18

次走報

ヌーヴォレコルトは、来年も現役続行。ドバイのシーマクラシックかターフ、ないしは香港のQE2を目標に。
まぁ、そうだわな。ヴィクトリアマイルには向かう必要がないでしょう。

サンビスタは、結局引退、繁殖入り。
もう少しやれそうだったけどね。でも、無事に牧場に帰れることを喜ぶとしましょうか。
お相手は、やっぱりサウスヴィグラスでしょう。
それか、まさかのスマートボーイ!?

ラキシスも引退、繁殖入り。
もっともっと重賞を勝っているべき馬でしたよね。
にしても、悲しいくらい、お相手にワクワクしないですなぁ。

ミッキーアイルは、阪急杯へ。
こだわるねー。

ダノンプラチナは、安田記念を大目標に、東京新聞杯や香港のチャンピオンズマイルを選択肢に。
関東のマイラーにとって、安田記念って良い前哨戦が無いから、チャンピオンズマイルは面白い選択になりますね。
東京新聞杯に出てきたら必勝は当然として、その後のGⅠのどちらかは取らせてやりたいし、取ってもらわねば困りますな。

ネロは、シルクロードSへ。
サトノルパンと激突か。
華麗にワンツー決めて本番に向かってもらいたいけどね。

シュヴァルグランは、日経新春杯へ。
いいよいいよ。

ブランボヌールは、チューリップ賞へ。
本当は短い距離の方がいいのかなぁ・・?
でも、春はそういったレースが無い以上、目標を桜花賞と定めるのであれば、中途半端にフィリーズレビューに向かうのではなく、こちらに向かうのは潔い。
で、ここで駄目だったら、夏まで休んじゃってもよいのかもですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。