2015/09/20

キズナ引退

まぁ、残念というのは確かですよね。

つっても、個人的にはそれほど思い入れがあるわけでもなく、というよりはむしろ、"ごく普通のダービー馬"が、なぜか「負けたら事件」みたいな扱いが大げさでもないくらいに祭り上げられてしまっていたところを、冷めた目で(と言うほどではないか、まぁ冷静に)見ていたというのが正直なところで、さらに言えば、ちょっとかわいそうだったな、とも思っていたりもしています。

最も印象に残ったレースは凱旋門賞。
よく言われる、ダービーも、ニエユ賞も、個人的にはあんまり評価していなくて、自ら動いて、オルフェーヴルに蓋をして負かしに行ったこのレースが、圧倒的に印象的で、かつ強かったとも思っております。

2013年 凱旋門賞
https://youtu.be/1J4KF7GYvGM

・・てか、トレヴ強ぇ。。

後は、そうだなー、一般的には、「適性外だったのに」と叩かれることも多いようだけれど、春の天皇賞に2年も続けてダービー馬が出てきてくれたことは、素直に嬉しかったし、感謝しなければならないことなんじゃないかなぁ、と。

種牡馬としてはどうなんでしょうね。

とりあえず、日本一の種牡馬(に一応なっている)ディープインパクトの現時点での"牡馬最高傑作"なわけで、かつ、ディープインパクトは、母父がAlzaoだから牝馬に活躍馬が集中するのはごく自然で、今後も活躍馬が牝馬に集中したら、最終的にも代表産駒と位置付けられる可能性もゼロではなく、後継種牡馬としての未来は、現役時代の異常な持ち上げられ方を抜きにしても、明るいんじゃないかな、と個人的には思っております。
ごく普通に、ディープインパクトには手が届かったり溢れた生産者が、「代替」としてこぞって集まってくるんじゃないかと。
後はまぁ、なんつったって人気ありますからね。

唯一の心残りは、秋天→JC→有馬の秋の王道3戦での走りを見られなかったこと。
まぁ、でも、故障休養後は別馬みたいになってしまったから、最初の故障の時点で、真の意味で"それ"は見ることができなくなってしまっていたのかもしれませんけれどね。

いずれにしてもお疲れ様でした。

強い子を出してくれよな。
2015/09/18

今週末(9/19,20,21)の競馬

今週は3日間開催なのだけれど、重賞以外にあまり楽しみなレースが無いのが残念なところ。

■野路菊S
誰でもいいので、圧勝してくれないかな。

■オークランドRCT
ヘヴンリーロマンスの仔、アウォーディーの初ダート戦。
確かに、妹はダート交流重賞を勝ったけれど、こっちは父がジャンポケですからね。
通じれば通じたでまぁ良いけれど、やっぱり、芝の長いところを使ってほしい。

■ローズS
かなりメンバーが集まったトライアルだけれど、どうせ次もほとんど同じメンバーでレースするし、でもって次が本番なんで、ほとんど興味が湧かないですね。
とりあえず、全馬無事で。

■セントライト記念
今週のメインレース。
上位人気の、サトノラーゼン、ブライトエンブレム、べルーフ、そしてタンタアレグリアには、存在感ある競馬で次の本番に楽しみを持たせてほしい。
キタサンブラックは、正直、マイルに向かってもらいたいので、ここで通じなくても、まぁしょうがないかな、という気持ちかな。
もちろん、勝って菊に名乗りを上げるとなれば、それはそれで嬉しいけれど。
一番嫌なのが、ここで全く勝負にならず、それでも菊に参戦してそこでも大敗ってパターン。
駄目なら駄目で、きっぱりと路線を変えてもらいたい。
後は、馬主の変わったミュゼの2頭かな。
ゴタゴタに巻き込まれちゃったかたちだけれど、影響が最小限であることを祈りたいです。
特に、ミュゼゴーストは、ここで6着くらいの「良い負け方」をしたら、菊花賞でも楽しみな存在になれるんじゃないですか。
2015/09/18

ビッグアーサーがスプリンターズSに出られないかもしれない問題

まず、スプリンターズSのフルゲートは一般的な18頭ではなく、16頭。

そこに今年は外国馬が2頭(ラッキーナインとリッチタペストリー)参戦するので実質14頭。

さらに優先出走権を獲得した2頭(ウキヨノカゼとアクティブミノル)がいて、これがまた当問題をややこしくしてくれているのですが(彼等を悪く言うつもりは全くないっす)、まぁ仕方ない、優先なので彼等を先に入れると残りは12頭。

この12頭の枠を、早く一線から退いてほしいお年寄り連中も含めて奪い合わなければならないわけですね。

で、この枠を巡って、ビッグアーサー以外で、出走してきそうな面々がこんな感じ。

ウリウリ
ストレイトガール
コパノリチャード
ハクサンムーン
ベルカント
ミッキーアイル
ティーハーフ
サクラゴスペル
レッドオーヴァル
セイコーライコウ
リトルゲルダ
マジンプロスパー
フラアンジェリコ
スギノエンデバー
マヤノリュウジン
ベステゲシェンク
バーバラ
サドンストーム

・・・あれ?絶対無理じゃね!?

まぁ、実際のところ、現時点で補欠の2番目くらいのようですね。

・・あ、やっぱ出れねぇんじゃん。。

加えて、ここにきてフラアンジェリコが突然参入してきたように、高い賞金を持った馬が、フラっと色気を出してここに回ってきたら、更に厳しくなってしまうという残念な事態に今今置かれてしまっておるわけでございます。

今年のスプリンターズSにビッグアーサーがいないなんてありえねぇよ!!

そう思いませんか!?
2015/09/17

イーストスタッドがマジェスティックウォリアーを導入

種牡馬導入のニュースってとんと減りましたよね。
そんなご時世なので、「微妙だな」だとか「もったいねーな」だとかは置いておいて、まずはある種、無邪気に喜ぶべきことなのでしょうかね。

いや、とても良い種牡馬だと思いますよ。
これまで日本で走った産駒のただ一頭、ベストウォーリア(ベストウォリアーだったら良かったのにね、てか、ベストウォリアーって名前は今後認められるのだろうか・・・)は紛れもない「当たり」で、いわば1戦1勝なわけで、加えて仕上がりも早いでしょうから、そこそこの人気は出るのでしょうが、それでも、この日本という競馬文化で、ダート専の早熟短距離寄り種牡馬にどこまで活躍の場があるかというと、なかなかこう「微妙」としか言いようがないですし、「芝でも」との期待はあるのかもしれないけれど、エンパイアメーカーみたいなことになったらそれこそ悲惨というか、「競馬界」という観点で見た場合の損失の方が大きくて、今回も"良くて"その類なんじゃないかとしか思えてこないのが、素直に喜べないというか、どちらかというと落胆している点でもあったりします。

残された産駒がアメリカで大活躍して、日本ではダートのGⅢ級が精一杯であったら、迅速に戻してくださいね、と今から言っておきたいところですなぁ。

マジェスティックウォリアー
父A.P Indy 母Dream Supreme(母父Seeking the Gold)
《戦績》
7戦2勝 主な勝ち鞍:ホープフルS(GⅠ)
2015/09/17

次走報

トーセンスターダムは、毎日王冠で始動。鞍上は内田に。
また一頭、役者が揃っちゃっいましたね。
ただ、確かに、この馬は毎日王冠がベスト。人気は集めないでしょうけれど、意外と勝負になるかもですね。
暮れに、香港に遠征しているか、チャレンジCの連覇を目指すか、分岐点となりそうな一戦ですね。

ラキシスは、鞍上、武豊で京都大賞典へ。
3日間開催で、京都大賞典が月曜日に行われることから、毎日王冠エイシンヒカリからのハシゴが可能となったわけで、それはそれで良かったのだけれど、その分、若手だとか中堅だとかのチャンスが失われていることもあるし、あとは、あの、毎日王冠→京都大賞典と続けざまに味わえた興奮は替え難いものがあり、やっぱり同日開催を望みたいな、というのがオールドファンとしての切実な思いでございます。
まぁ、それはさておき、びっくりな鞍上決定。

フラアンジェリコは、スプリンターズSへ。
中山が良いから、ってんでの選択なんだろうけど、生涯初の1200m戦ですか。
これでまた貴重な枠が一つ埋まってしまったな。
ビッグアーサーが除外とかに、ほんとならなければいいけれど。

アルマディヴァンは、富士SからターコイズSへ。
裏街道ですな。良い選択かと。
2015/09/16

次走報

コパノリチャードは、デムーロとのコンビでスプリンターズSへ。
ユタカさんとのコンビを見ていたかったけれど、この秋はベルカントがいますからね。
飛行機ポーズコンビの復活は、それはそれで楽しみ。

約一年、戦列を離れているマーティンボロは、毎日王冠で復帰の予定。
なにも、こんな凄いところに突っ込んで行かなくてもいいのになぁ。

グァンチャーレは、幸騎手とのコンビで、ポートアイランドSへ。
確かに、マイルの重賞勝ちはあるけれど、あれはユタカさんの腕があってのものだったし、戦績的にももう少し、長いところを試してみても面白かったんじゃないかなぁ。。

ダノンメジャーも、ポートアイランドS
こちらは、適切な判断。
ダービーはそもそも無理矢理出走だったしね。
壊れたりしなくて本当に良かった。

レッドリヴェールは、府中牝馬Sへ。
なんだか、もうすっかり普通の馬になっちゃったなぁ。。
つくづく、素直にオークス向かうか、休養に入っていれば、と。
復活期待したいよ、ほんとに。

スマートオリオンは、休養へ。
あー、、変にマイルに色気出しちゃったのが悪い方向に倒れちゃったか。。
今年のスプリンターズSだったら、チャンスもあったかもなのにね。。
つっても仕方が無いので、良い状態で戻ってきてくださいな。
2015/09/14

9/12,13の競馬

■紫苑S
1000万条件でしたね。
以上かな。
ダイワミランダは、ここを選択肢としても良かったのに。

■野分特別
ミッキーオリビエが3連勝で菊花賞に名乗り。
一応、母父ダンスインザダーク。
「スリーロールス、ヒシミラクルに続けるか」ってとこだけど、これはソコソコ人気して飛ぶパターンかな。

■京成杯AH
エルカーサリバーの金杯を思わせるハンディキャッパー勝利のレース。
0.1差に7頭の横一線で、最も勝ってほしくない馬に勝たれちゃったってのが正直なところかな。
どうせならば、3歳馬か、好きな馬に勝ってほしかった。
ショウナンアチーヴも大外でなければね。でも復活は嬉しいところ。
アルビアーノは、やっぱり今からでも秋華賞に切り替えてもいいんでないかな?
普通に好勝負できるでしょう。
あとは、サマーマイルシリーズなんざ、もうやめてしまいなさいよ、ってことくらい。

■セントウルS
岩田がシャダイカグラの競馬を見せてくれたわけだけれど、直線、完全に綺麗にまでは開かず、2着まで。
まぁ、ストレイトガール共々、良い前哨戦だったのではないですかね。
ハクサンムーンだって、無理矢理にでも逃げればまだまだわからんですぜ。
勝ったアクティブミノルは、これで1200m戦、3戦3勝。
彼に限らず、2歳〜3歳馬は、小倉2歳S以降、函館スプリントSまでスプリント重賞を使えないっていう異常ぶりなので、その間、おかしくならなくって本当に良かった。
この先、良いスプリンターに成長していってほしいですな。
父ちゃんのスタチューオブリバティは、日本においてあまりにも不遇だったってのもありますし。
2015/09/11

今週末(9/12,13)の競馬

■紫苑S
1000万条件。
もう少し、ローズSとメンバーが分散してくれんとどうにもね。
持ったまんま3馬身くらい千切ってくれる馬が現れてくれねーかなー、って妄想したくなるくらい興味がわかない、ちょっと残念なトライアルレース。

■京成杯AH
有望な3歳馬と、上手くいったら先に繋がるかもしれない古馬の何頭かが揃ったまずまずの好メンバーとなってくれた。
これでハンデ戦でなかったら、もっといいのにね。
アルビアーノはダートに浮気をしちゃった影響が残ってなければいいなってのと、そんな浮気をするくらいだったら、今からマイルに限定せずに、とりあえず秋華賞に向かったらいいのに、って思ってしまう。
グランシルクは、なんのかんの高性能なので、実績のある中山マイルで、古馬相手のここも突き抜けちゃったら、結構嬉しいかも。
古馬の有力どころはハンデがキツいですよね。。他の古馬に勝たれるくらいなら、彼等に勝ってもらいたいけど、結局、中途半端な馬が勝って、次に全く繋がらないレースになっちゃう気がしないでもない、ってのが少し残念なところ。
ショウナンカンプっ仔のアチーヴが勝ってくれたら嬉しいけどね。

■木更津特別
メインレースと同じ中山マイルの舞台に、かつて、アチーヴくんと共にショウナンカンプ旋風を巻き起こした、ショウナンワダチくんが出走。
ただ、こちらは1000万条件を走っているのが残念ってのと、そこでも惨敗を繰り返しているのが、もっと残念だけれど、かつてアチーヴくんと共にGⅡをワンツーした舞台での復活を期待したいところ。
頑張れよー。

■ながつきS
ショウナンカンプ、ショウナンカンプと来たので、もひとつ数少ないショウナンカンプ産駒で、準オープンで頑張っているペイシャモンシェリくんも取り上げておきます。
3連勝とかしたら祭りだな。

■セントウルS
とにかく、次に繋がるレースが見たいので、とりあえず人気馬には期待に沿った好走を見せてもらいたいところ。
でも、牝馬のどれかが勝つんだったら、ハクサンムーンに勝ってほしいけどなぁ。。
もちろん本番もだけどね。
2015/09/11

次走報

クラリティスカイは、富士SからマイルCSへ。
完全にマイルの王道路線を歩むことにしたようですね。
クロフネ産駒なんで、1度はダートも試してほしいな、とはずっと思っているけど、ただ、そんときは「いきなりGⅠ」てのはやめてね。

マイネルミラノは、オールカマーが有力も毎日王冠も視野に。
有馬記念でも逃げてくれよー。

メイショウマンボは、府中牝馬Sに。
結局ダートは一戦限りですか。まぁ、あんまり使われて、貴重なJRAの枠潰しになり続けなくて良かったと率直に思います。
もうずっと前から、早く引退させてやれよ、、と思っているのですが、繁殖としてもあんまり期待されていなあのかなぁ。。
いや、そんなことねぇよなぁ。。

シュウジは、京王杯2歳Sデイリー杯2歳Sから朝日杯へ。
王道ですな。
次も勝ち負けして、人気で本番まで辿り着いてほしい。

香港のラッキーナインスプリンターズSでの来日が決定。
何と言っても、ティーハーフとサドンストームとの兄弟対決が楽しみですわな。
彼等にはこの後の香港の地でも激突してもらいたい。

マジンプロスパーは、スプリンターズSに向かい、そこがおそらくラストランに。
阪神千四は走りそうなんだけれど、何気に阪神Cとの相性は悪かったからね。
それでも、もっかい使ってみたら良かったのに、とは思っちゃいますな。

スピリッツミノルは、菊花賞に直行。
結局、鞍上は酒井に戻るのかな? つーか、そこが重要なんだが。
本番では、逃げようとしないで、逃げられればいいな、とは思っています。

ラブイズブーシェは、福島記念に。
アーク向かってほしかった。。
2015/09/09

次走報

サウンズオブアースは、京都大賞典で復帰。鞍上は浜中に。
春は不完全燃焼でしたが、ポテンシャルは間違いなくあるので、ここで、ラブリーデイを叩いて、秋の王道路線を歩んでもらいたいところ。
レース選択も良し。

ヴァンセンヌは、鞍上をノリさんに変えて毎日王冠へ。
安田記念もそんなに悪い騎乗ではなかったと思うけど、まぁ何度か詰まりはしたけれど、それでも福永替えるかねぇ。これはとっても面白い決断。
ここ使うってことは秋天目指すんだろうなぁ。マイル戦線の軸となってもらいたい器なので、中途半端にならないことを祈りたい。
しっかし、毎日王冠は本格的に凄いことになってきたな。これも近々記事にしよっと。

ロードクエストは、ホープフルSに直行。
ホープフルSも、"直行"という単語が使われるだなんて、すっかりGⅠ予備軍でございますな。
どこか使って朝日杯でも良いかと思うけれど、陣営はクラシック級と見ているんでしょう。
阪神のラジニケのときと違って、他頭数になるだろうから、休み明けでゴチャったりして、変なことにならないことは祈りたい。

ヒラボクディープは、アルゼンチン共和国杯
京都大賞典は挟まないんだね。
いずれにしても長いところの裏街道を歩むのかな。

ヤマカツエースは、毎日王冠を挟むか直行で秋天へ。
あー、菊花賞には向かわないんだ。
試してみても面白かったと思うんだけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。