2015/09/30

次走報

ペルーサは、毎日王冠をスキップし天皇賞(秋)へ向かうが、除外となったら直接JCへ。
つーか、ローテどうこうはさておき、秋天除外になるくらいなのに、JCには余裕で出られるっていうのがね。JCに6頭しか出られなかった時代が懐かしいですわ。

ショウナンパンドラは、池添とのコンビを継続して秋天へ。
一応、宝塚記念3着だし、オールカマーは改めて見てもかなり強いし、もしかしたらもしかしちゃうのかもしれないけれど、やっぱりなんだか違うよなぁ、ってのが率直な思い。

オールカマーを回避したマジェスティハーツは、金鯱賞へ。
森一馬に早いとこ重賞を取らせてやりたいんだけど、前走はちょっといただけなかったよね。
オールカマーのショウナンパンドラとかを見ちゃうと、池添を乗せてみたいなぁ、と思ってみたりも。

ブライトエンブレムスティーグリッツレッドソロモンといったあたりは、菊花賞へ。
それよりも何よりも、ミュゼゴーストの回避が残念だぞ。
あと、コメートもやっぱり間に合わずですか。

プランスシャルマンは、東京スポーツ杯2歳S百日草特別へ。
ジャンポケっ仔頑張れ。

ブランボヌールは、ファンタジーSから阪神ジュベナイルフィリーズへと向かう。
ここまで岩田を確保したみたいですね。
実際、真価を問われるのは次なんでしょうけど、結構評価高いのかな?
スポンサーサイト
2015/09/30

JBBA日本軽種馬協会がエスケンデレヤを導入

先日、マジェスティックウォリアー導入の記事で、「エンパイアメーカー早くアメリカに返しなさいよ」みたいなことを書いたら、めでたく買い戻しのニュースが届き(これは本当に良かった)、「何か代わりの馬でも入れるのかな」と思っていたら、速攻で発表がなされましたね。

ジャイアンツコーズウェイの系統は、一応、日本で走ったエイシンアポロンが細々と種牡馬をしているけれど、輸入種牡馬としては初めてになるのかな。
「ディープインパクトと相性が良い」と日本での復権著しいストームキャットの血だし、母系もシアトルスルーに、アリダーと、コテコテアメリカン全開で、それって日本でいえば、キングカメハメハとサンデーサイレンスとトニービンとノーザンテーストを持っているようなもんで(どっかにそんな二冠馬がいた気がしないでもないですが)、アメリカにいてはあまり相手がいない、逆に日本では選り取り見取りな感じで、かつ、「実は芝の方が走るんじゃね!?」って期待も持てるってんで、とっても良い種牡馬がやってきたな、と感じているところです。

ケンタッキーダービー前に、ぶっちぎりぶっちぎりを続けて、1番人気のまま直前の故障で回避して引退って、大いに夢も感じられますからね。
まぁ、そういった話になると、ペルーサがダービー直前に引退していたら、初年度から200頭を相手にして、今年のダービーにも何頭か産駒を出走させ、菊花賞では親父の子供のリアファルのライバルを送り出してだとか、それだけで一記事書けるくらいの長い話となってしまうので、この辺でやめておきますが、、

それはさておき、ほんと、魅力ある種牡馬だと思うので、良い相手がたくさん集まってくれると嬉しく思います。

エスケンデレヤ
父Giant's Causeway 母Aldebaran Light(母父Seattle Slew)
《戦績》
6戦4勝 主な勝ち鞍:ウッドメモリアルS(GⅠ) ファウンテンオブユースS(GⅡ)
2015/09/29

いらないGⅠ①

とりあえず列挙します。

・フェブラリーS
・ヴィクトリアマイル
・NHKマイルC
・秋華賞


他にも時期や条件を変えた方がいいんじゃね?ってのはありますが、とりあえずこの4つかな。

では、一つずついってみましょうか。

・フェブラリーS

元々、ダートが芝のレースの補完でしかなかった時代に、JRAに3つしかなかった(サラブレッドの)ダートの重賞の一つ(他は根岸SとウインターS)で、府中での開催であることだったり、他の二つは距離もちょっと極端だったりと条件が揃っていたおかげで、一足早くGⅡに格上げされ、その後ほどなく中央地方の指定交流競走も始まり、ダート競走格付け委員による格付けも始まってで、あれよあれよという間にGⅠになっちゃったってレース。

「もともとそこにあっただけ」の理由でこの時期に開催されているだけであって、正当性なんて全くない。

だって、秋にはJBCないしは南部杯からチャンピオンズCを経て東京大賞典までのGⅠ連戦があるのに、それから休む間も無く2月に行う必要なんてないし、そもそもすぐ、ほんとすぐ近くには川崎記念もあるしで、この時期に行うことの意味が全く無いんですよね、元々。

一応、たまたまだけれど、時期的にドバイWCの前哨戦みたく嵌っているようにも見えるけど、別に前哨戦なんだからGⅠである必要はなくって、芝では普通に中山記念と京都記念が前哨戦として重用されているのだから、それ目的だったら別にGⅡでも用意しておけばいいじゃない、って話なわけです。

なので、いらないでしょ?って話だけれど、ただ、「いらない」とは言いつつも、他の3つとは意味合いが違って、単純に「やめちまえよ」ってことではなく、開催時期とか条件とか見直した方がいいんじゃない? で、時期が変わったら「"フェブラリー"S」じゃないよね? ってんで、挙がっている感じです。
そもそも、JRAでのダートGⅠは少ないと思っているくらいだからね。減らす必要は全くないんよ。

春のシーズン真っ盛りの時期に、帝王賞と有機的に絡むように、できればダートスタートのコースで、GⅠを新設したらいいんじゃないのかな。

で、フェブラリーSは、先述の「"ドバイの前哨戦"としてGⅡに降格」ってのは、あまりにもひどい扱いだから、まぁ、これを機にお役御免ということで、ご隠居いただければいいんじゃないかな、と思っています。

・・・これでやっと一つか。。

長くなってしまったので、何回かに分けますね。。
2015/09/28

9/26,27の競馬

■九十九里特別
3歳馬スティーグリッツが勝ち、菊花賞に名乗り。
好みとしては、ポトマックリバーの方が上だったけれど、とりあえず3歳馬が勝って良かった。レース内容からもそこそこは期待できそうかな。
ところで、スティーグリッツは、タンタアレグリアやアルバートドッグと同じ馬主さん、というか、クラブ法人。
ふと、スティーグリッツを菊花賞で抽選落ちとかさせないように、これら2頭を強引に回避させたするんじゃねぇか? とか思ったけど、クラブ法人じゃ流石に会員ブチ切れるからそんなことできないか。

■ききょうS
ジャンポケ産駒の牡馬が勝ちというだけで喜ばしい。
血統表のお婆ちゃんの名前を見るとマイルに伸ばしてを楽しみになるし、ひい婆ちゃんを見ると、一瞬、もっと長くても、と思えなくもなくなってくるけど、まぁ、爺ちゃんフレンチだし、あんまり期待はしないでおくのが健康的かな、と。。

■夕月特別
断然人気のナムラアンが、出遅れ、スローで、しかも直線全く追わずで大惨敗。
ちょっとした事件ですわな。
さすがにこの人気はやり過ぎだったけれど、秋華賞には出したい一頭だった。残念。

■芙蓉S
プロディガルサンなかなかやるじゃん。
これで、ホープフルS使ってクラシック、って王道進むのかな。
あと、何気にここでもジャンポケ産駒が2着していてちょっと嬉しい。
こっちは普通に楽しみな逸材だ。

■外房特別
ゴットフリート、なかなか頑張った。
冬の中山で勝ち上がれよー。

■オールカマー
期待馬の直前回避続出で、興味9割5分減だったので、まぁ、こんなもんかな、と。
これだけ強い牝馬2頭が掲示板にも乗らず、ラキシスには早々にそっぽを向かれたヴィクトリアマイルなんざいらんて話をしたいところだけれど、それはまた別の機会に。

■神戸新聞杯
スローになっちゃったなぁ。。それが何より残念。
リアファルは、なんつーか、普通に強いわ。
やっぱ、あの時期に3歳馬が準オープンを勝っちゃうって、相当なもんなんだなぁ、と。
これで戦績2戦2勝。無敗。
リアルスティールは、やっぱり距離長くて、菊花賞もちゃんと距離相応のレースになったら、やっぱり厳しいんじゃないかな、ってとこ。
早くマイルで輝く君を見てみたいよ。
トーセンバジルは、ようやくティルナノーグに先着できたと思ったら、権利も付いてきちゃいました、と。
前走は上がり32秒7も使いながらの7着という参考外の糞レースだったので、やっぱり力はあるんだな、ってのと、弥生賞をなぜあんなに負けたかの分析をこれからしてみようかな、って気持ち。
バイガエシは、他の賞金持ちの馬よりもずっと菊花賞に出してやりたいけれど、さすがにキツく大変残念。
まぁ、コツコツと賞金積み上げて、っつーか、格上挑戦でもいいから、長距離の舞台にぜひやってきてね。
ジュンスパーヒカルは、よく見ると、ホウキパウェーブの近親で、芝ではこれが初の敗戦だったりで、やっぱり菊花賞に出してやりたいけれど、こっちは更に無理。
1000万条件のまんまでいいから、ぜひ万葉Sにご出席くださればと。
レッドソロモンは、競馬が合わなかった感じ。
菊花賞に出られるかはわからんけれど、出られたらぜひスタミナ勝負に持ち込む競馬を仕掛てほしいな。
マッサビエルは、全く競馬になっていなくて、「もう少し何とかできなかったのか?」と怒りたくなる内容。
どうやらミュゼゴーストは菊花賞行くのをやめちゃったようだけれど、こっちは気にせず駒を進めてもらいたい。
キロハナは、距離長いし、故障明けだしで、そもそもこんなところを使うのが間違っている。
心身共にダメージが残っていないことを祈りつつ、得意な条件を勝ちながら少しずつ状態を上げていってもらいたい。

2015/09/25

今週末(9/26,27)の競馬

■九十九里特別
菊花賞の重要前哨戦。
今年は、ポトマックリバーVSスティーグリッツのハービンジャー産駒の潰し合い。
そこに長い距離での準オープンで連続2着しちゃう格上の古馬ヤマニンボワラクテが立ちはだかる。
2頭のどちらかでも、ここを乗り越えて、勝ち上がることができたら、本番でも相当に楽しみだな。
期待の一戦。

■ききょうS
先週の野路菊Sと同様に、誰でもいいから圧勝してくれたら嬉しいよ。

■夕月特別
こちらは秋華賞の重要前哨戦。
白百合Sで、神戸新聞杯でも人気を集めるアルバートドッグには敗れたものの、ミュゼゴースト、ティルナノーグ、トーセンバジル、ダノンリバティといったところを退けたナムラアンが順当に勝ち上がれるか。
個人的に秋華賞が全く盛り上がっていない状態なので、ぜひ勝ち上がってもらいたいところですな。

芙蓉S■
今年から2000mに。。
とりあえず、ライスシャワーさんには謝ってこいと。
ってのは置いておいて、リアルスティールの弟プロディガルサンが、シレっと登場。
つーか、中山2000m大丈夫なのか? それとも、ここで今一つだったら、早々と皐月賞は見切るつもりなのか? そのくらいしか使ってくる意図が見えない参戦です。
まぁ、Miesqueの末裔なので頑張ってほしいですけどね。

■外房特別
ゴットフリートと、ほんとはショウナンワダチも登録していて、「おめーら、こんなところで何やってんだ!」って一戦だったんだけど、残念ながらショウナンワダチは回避。
つーかそれでも、「ゴットフリート、おめー何やってんだよ、頑張らないとそろそろ父ちゃんの人気も終焉を迎えてしまうぞ!」と大声で伝えたいレース。

■オールカマー
ゴールドアクターの回避で興味8割減。いや9割減。
つーか、出て来いよなぁ。
となれば、ここはロゴタイプに勝ってもらわんと。
ほんと、父ちゃんの産駒がどっと増えるのは来年の夏からなんだ。それまで何とか延命をしないとまた同じことの繰り返しになってしまう。
デムーロまじ頼んます。

■甲東特別
ナガラフラワーは、こっちに出てきたか。
ナムラアンを避けたのか、路線をマイルに絞ったのか。
イエスタカスイエスであるとか強い相手もいるけれど、ここを勝って秋華賞に駒を進めてほしいな。

■神戸新聞杯
名実共に今週のメインレース。
それぞれがそれぞれの楽しみな要素を持った馬が両手近くいるなんて珍しいこと。
ほんと、彼等のうちなら誰が名乗りを上げてもいいところだけれど、菊花賞への興味も含めて個人的な好みだけで言えば、レッドソロモン、リアルスティール、マッサビエルが上位を占めてくれたら、嬉しいことこの上ない。
いやー、本当に楽しみだ。


先週が退屈なレースが多かった分、今週は楽しみなレース目白押しですな。

みなさま、良い週末を〜。
2015/09/25

次走報

トーセンビクトリーは、引き続き武豊で秋華賞へ。
今年の秋華賞での唯一の楽しみ。どうか順調に駒を進めてほしいですな。

ディアデラマドレは、エリザベス女王杯へ直行。
うーん、府中牝馬Sで見たかったなぁ。。
更に言えば、BCフイリメアあたりに行ってくれたらなお良かったけど。
調整遅れているのであれば、無理してエリ女にも出ないでくれたほうが嬉しいかな。

キャットコインは、予定通り秋華賞へ直行。
ちっちゃい馬なんで、直行という選択自体は完全に悪いとも言えないけれど、どうやら順調だったら前哨戦から向かいたかった風なので、何とも言い難いところ。
やっぱり、個人的には直行でGⅠてのは好きにはなれないなぁ。

フィエロは、スワンSを予定。
昨年と同じルートを歩むのですかね。
すっかり名バイプレイヤー的になってしまいましたが、昨年のマイルCSもほとんど勝っていたので、昨今の混迷のマイル戦線を考えたら、あっさり勝っちゃってもおかしくないところ。
良い"前哨戦"の使い方ができればと。

ワールドエースは、富士Sへ。
この馬、絶対にマイラーじゃないんだけどな。
マイラーズCでの強すぎる勝ち方が不幸を招いてしまいました。
中距離で先行してもらいたい。このままじゃもったいない。
2015/09/24

次走報

アウォーディーは、シリウスSへ。
まぁ、あの内容だったら、しばらくはダートを使いたくなりますわな。
でも、少ししたら、芝の長いところにも帰っておいでね。

レッツゴードンキディープジュエリーアンドリエッテホワイトエレガンスレッドカーラは、秋華賞へ。
まぁ、特に感想もなし。

タンタアレグリアは、菊花賞へ。
積極的な競馬でスタミナ勝負に持ち込んでもらいたいな。

ゴールドシップは、いまだ次走未定
有馬直行でもする気なのかね?
まぁ、それが最良のローテと言えなくもないんだけどさ。
あと、こうゆうときこそ、平場オープンでもあったらいいのにね。

フランスのドルニヤが、JC参戦!
今年のドバイシーマクラシック勝ち馬。
お硬い馬場がお好きなようで、ガチで乗り込んできてくれるのならば、十二分に勝ち負けしてくれるんじゃないですかね。
つーか、もう持ってっちゃってよ。今年は。
2015/09/22

今度はゴールドアクターがオールカマーに出られないかもって話

まぁ、ビッグアーサーと違って、こっちは条件馬ですからね。

だから、「出られなくておかしい!」などと叫ぶつもりは毛頭なくて、言いたいことは何かといえば、そもそも今開催の一ヶ月間、東西通じて2000mを超える準オープン以上のレースがオールカマーしかないから、そこを目標にしたら除外って舐めてんのかよ、その辺しっかりと整備しろよ、って話を中心に書くつもりだったのだけれど、っていうか、まぁ、それはそれで由々しき問題で、JRAさんは、「長い距離を得意とする馬は、この時期走ってくれるな」と言っているのか、「距離適正なんかしらねぇよ、準オープンのレース他にあるんだからそれに出ろよ」と言っているのかはわからんですが、いずれにせよ、「長い距離のレースはフルゲート埋まらんから売上げ上がらんから組みたくないのよ」と言っているのは伝わってきて、もう少し、長い距離を得意とした馬にもローテの選択肢を与えてくださいよ、だとか、長距離戦って本腰入れて体系組んだらコンテンツとしてすっげぇ面白くなる可能性があるのにな、だとかの話をするつもりでした。

だったんだけど、夕方ゴロゴロしていたら、ふと、あることに気付いちゃったというか、思い出しちゃったんです。

なにかっつーと、今年から始まった、GⅡの特別出走奨励金とかいう大改悪のこと。

これね
http://jra.jp/keiba/program/pdf/housyoukin_7.pdf

要は、1800m以上のGⅡに出走したら、回ってくるだけで馬主さんは100万円貰えるって制度。

勝つ気が無くても全然おっけー。適性なんかなくても全然おっけー。とにかく出走してください、そしたら100万円払います、って制度なわけです。

つまりは、「馬券の売上げを短絡的に上げたいので、GⅡをフルゲートにしたくって、特に長い距離のレースはフルゲート割れることが多いから特にそうしたくって、勝つ気が無くても100万円あげるから、なんとかフルゲート埋めてくださいよ、だって売上げ上げたいからさ」って制度なわけ。

更に言うと、「競馬ファンとかいう愚民共は、フルゲートにしておけばとりあえず馬券買うから、勝つ気が無い100万円を餌に集まっちゃう馬でも何でもいいから、とりあえずフルゲート埋めとけよ」って制度なわけですよ。

これによって、何がいかんかというと、昔に賞金を稼いだけれど、今はすっかり落ち目で、オープンでは勝負にならない馬達や、短距離、更にはダートが主戦場な馬達が、100万円目当てに出走をしてきてしまうってこと。

現に、今年のAJCCでは、この6年間、最長で1600mまでしか使っておらず、過去9戦ずっと二桁着順(それもほとんどドベに近い成績)で、前走はダート1400mを使って15着に大敗していた9歳馬ラインブラッドが、"連闘"で2200mの芝のGⅡであるこのレースに出てきて、まさに「回ってくるだけ」をして、ブービーから8馬身差っていうレースをしながら、悠々と100万円を貰って、直後に引退っていうわかりやすいことをしてくださったんです。

ここまでわかりやすいのは極端な例だけれど、そういった考えで、"美味しいGⅡ"に出走してくる陣営は多数あるだろうってのは容易に想像が付いて、それにより、今回で言えばゴールドアクターのような、出走できれば人気が確実で、勝つ可能性も十分にあり、順調に進めば暮れの有馬記念で勝負になるかもしれない将来ある馬が、除外されてしまうってわけです。

短期的には売上げ上がるかもしれんけどね。

でも、少し考えたら、競馬ファンが離れていってしまうのはすぐにわかることでしょう。
こんなんで「競走内容の充実」だなんて、片腹痛いもいいところでございますなぁ。

それでも、この施策、役人さん達的には、

・売上げ◯%UP
・平均出走頭数◯頭から◯頭に上昇

⇒成功

とかなっちゃうのかと思うと、ほんとにこいつらが競馬をつまらなくしている癌なんだなぁ、と感じてしまう次第でございます。

馬券だけが好きな人はこんなブログには来ていないんでしょうが、とりあえず、頭数揃っているから面白いだとか、頭数少ないから馬券買わないとか、やめたらいいと思いますよ。
本当の競馬ファンならね。

ちょっと久々に怒りが沸いてきちゃったんで、荒い内容になってしまいました。

こんな制度があるんだから、きっと今回も「4頭が回避してゴールドアクター出走可能」とはならんのだろうなぁ。。

つまんねぇなぁ。
2015/09/21

クロスクリーガーが死亡

ほんと悪いニュースが続きますな。

そんな中でも一番。

キズナの引退も、昨日触れた通り、当然残念ではあるし、オルフェーヴルの全妹が亡くなったというのも、思い入れはないけれど、関係者の無念を思うといたたまれないし、第三者的にも普通に「もったいねぇな」と思うし、もちろん残念だけれど、それらと比較にならないくらい残念で、耳にしたのがセントライト記念の直後だったんだけれど、脱力してレース結果なんかどうでもよくなっちゃった、ってくらい、てゆうか書ききれないくらいの残念さです。

少なくともあと3年。長ければ5年は活躍していなければならなかった馬。
そして、好きな馬でもありました。

今頃、父ちゃんに会っているんだろうけど、父ちゃん怒っているぞ、「早すぎる」って。

あー、もったいねぇ。悔しい。残念。

良い馬を亡くした。スターホースを亡くした。種牡馬を失った。

「競馬の神様、そりゃねぇよ」と思った久々の出来事でした。

今はただただ、クロスクリーガーのご冥福をお祈りするのみです。
合掌。どうぞ安らかに。


この馬の高パフォーマンスレースはたくさんあるけれど、個人的に一番好きなのはこれ。

新馬戦 クロスクリーガー
https://youtu.be/b2NCeuFAAGA

2015/09/21

9/19,20,21の競馬

■野路菊S
次以降に期待が持てる馬が勝ち上がりましたね。ロスカボス。
血統的にはありふれたもので面白味の欠片も無いのだけれど、強烈に出遅れながらも差し切ってしまった走りは、「驚き」には至らないけれど、次への楽しみを残してくれるに十分な内容でありました。
ただ、まぁ、あの展開になったら、多くの騎手が何にもアタマを使わず大外ぶん回すところ、3角〜4角にかけて内を回して、直線でスムーズに外に出したデムーロはさすがで、それがあってこその勝利ではありましたけどね。出遅れ癖と合わせて次が試金石かな。
いずれにせよ、先への楽しみが残った収穫のあるレースでした。

■能勢特別
ワンダーアツレッタ完勝。
ポルトドートウィユとアダムスブリッジ、レガッタらが揃って負けた若葉Sはレース後どうこう言われましたが、結局のところ、単純に上位2頭(レッドソロモンとワンダーアツレッタ)が強かったというだけの単純明快なレースだったわけでしたね。
菊花賞は条件的には大歓迎というわけでもなさそうですが、それでも兄にはワンダームシャの名前もあって、堂々と候補馬の一頭に名を連ねてよい存在ですね。
賞金的に微妙ですが、ぜひとも出走させてやりたいところ。

■オークランドRCT
初ダートのアウォーディー勝っちゃいましたな。
つーか、ヘヴンリーロマンス、ダート鬼だったのか!? だとか、じゃあ、ラニは将来すっげぇ有望なのか!? だとか、いろいろ妄想を描かせてくれるレースでした。
それでも、アウォーディーは、まだ芝の長目のところにぶつけてほしいですけどなぁ。。

■ローズS
まぁ、ディープインパクトの接待競馬で、レース前の期待値とそれほど変わらず、淡々と終わった感じです。
唯一楽しみを感じさせてくれたのは、最後の直線、トーセンビクトリーの脚を測ったユタカさん。
それできっちり権利を取るのもさすがですが、こうした次を見据えてのコンビ競馬というか、臨戦過程が競馬を面白くするのだな、と改めて感じた次第です。
最近の競馬は乗り替わりばっかりで淡白でつまらんよ。
で、トーセンビクトリーというかユタカさん、今回の結果を受けて、秋華賞ではどのような競馬を魅せてくれるか本当に楽しみ。
前哨戦に、みーんな、みーんな集まってしまったつまらない本番に、唯一光を残してくれました。

■新涼特別
モーニンが完勝で3戦3勝。父ヘニーヒューズのマル外。
なぜだか、この勝負服は好きな馬が多いんですよね。この馬も追い掛けてみることにしようかな。

■セントライト記念
ちょっとペースが遅すぎて、ストレートに実力が反映されたとは言えない一戦になってしまったのだけれど、とりあえず、キタサンブラックは本当に良い馬だし、スクリーンヒーローは相変わらず偉いし、最後無理矢理突っ込んできて権利を奪い取ったジュンツバサは見事というのと本番が楽しみというのの両方で、レース結果的には、なかなか良いものとなってはくれました。
しっかし、キタサンブラックはほんとに良い馬で、とっても好きになる。今後も無理なく順調に使い続けて、長きに渡って活躍してもらいたいですなぁ。
惨敗のミュゼゴーストは、今回、最低の糞騎乗。賞金的には多分大丈夫なのだろうけれど、今回の敗戦はきっぱり切り捨てて、この先順調に進めて本番に挑んでもらいたいところですな。
あと、騎手替えてね。必ず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。