2017/07/25

宝塚記念 レース回顧

すっかりタイミングを逸してしまったので、お蔵入りとしようと考えていたのだけれど、せっかく9割方書き終えてもいたわけで、完成させてアップまでこぎつけました。
今更もいいところで恐縮ですが、当時を思い出しながら、秋への展望も踏まえてご覧いただけますと幸いに思います。

あ、あと、もうほとんど、みんなからは忘れられてしまっていそうだけれど、あのYouTubeの1000万だか、1300万だかの人、売り上げに貢献してくれてありがとうございました。お祭りオッズを作ってくれてありがとうございました。世間一般に競馬の話題を振りまいてくれてありがとうございました。よかったらまた買ってくださいね、お待ちしております。

サトノクラウン
まぁ、香港ヴァーズのパフォーマンスからも、実力面に関しては十分なわけでね。馬場もそうだけれど、何よりこの持続力を試されるレースの流れが、この馬にピタリハマった、そしてそこに乗っかる実力があったってところでしょう。それを引き出したデムーロが素晴らしかったというのもあるんだけどね。
てか、これもう、欧州行ってくれよって感じで、今からでもキングジョージ間に合わんかね?まぁ、間に合わんか。したらアークでいいよ。ほんとまじアーク。欧州だったら2000mもまぁ、無くはないかもしれんけど、とにかく、秋天からJCとかいう残念なローテは組まないでほしいもんでこざいます。里見さん、ここで稼いだ賞金は、セレクトセールにでなく、この馬の遠征費に使いましょうよ。そうしないと運逃げちゃうよ!
(追記)BCターフはねぇよ。

ゴールドアクター
とにかくとにかく状態が戻ってきていたってのが一番でありました。あのまま終わってしまう馬も多々いるわけで、これもうほんと嬉しい限りでございますよ。そして、あとはやっぱりノリさんね。スタート後の進路取りだとか、道中のキタサンブラックぴったりとか、四角でのひと溜めとか、イン付きとか。これだけで飯3杯はいけるレベル。この乗り替わりには、いまだに不満を持っていて、それが完全に払しょくされることはもう無いだろうけれど、これだけ良いもん見させてもらえれば、文句のトーンも小さくなるってもんでございます。
そして、まぁ、これは誰もが思っていたことだけれど、やっぱグラス最強のお孫さんだけあって(もちろんこの馬の特性からも)、このグランプリの舞台合いますよなぁ。なので欲を言えば、より勢いのあった昨年に、ここに絞って調整をしてほしかったところだけれど、まぁ、あまり贅沢も言うもんではございませんですな。
有馬記念でまた会いましょう。

ミッキークイーン
条件も向いたし、実力もあるしで、なかなか妥当な結果でしょう。
前走の敗戦は、色々な大きくない要素が積み重なってのものであるし、てかそもそも、この馬が春の大目標としてマイル戦を選択しなければならん体系がおかしいんですよ。
秋は、秋天→JCと向かってもらいたいけれど、まぁエリ女でも無しではないかな。まぁ、そこはいいとして、何より、春に古馬牝馬の中長距離馬の目標がほしいもんでございます。
ですよね、ラキシスさん。

シャケトラ
なかなかの競馬はみせてくれたけれど、やっぱりまだまだ「なかなか」止まりなんだよね。ただ、やっぱり能力はとっても高いし、まだまだ4歳の春でもあるわけで、この夏の成長に期待したくなる内容でもありました。
キタサン相手だから仕方がないんだけれど、結果的にはこの積極策も裏目となっちゃったかな。ルメールが悪かったとは全く思わんけれど、田辺だったらどうだったんかと思ってしまうところが無くもはないというのが正直なところであります。
つーか、鞍上固定してよ。その方がぜったい競馬面白くなるからさ。。

レインボーライン
まぁ、条件は揃うだけ揃っていたけど、さすがにちょっと実力面で足りないところがあったかな。ただ、一番厳しいところで脚使っちゃったのが結果的に痛くて(キタサン目標にしての早仕掛けなので責められんけどね)、上位2頭みたいにあそこで脚溜められていたら3着はあったかなってところであり、で、福永だったらそんな騎乗をしたんじゃないかとも思っております。
この先、どこに進むにしても、鞍上固定してもらいたいですなぁ。

シュヴァルグラン
まぁ、春天メイチだったからこの日はどうやっても勝負にならんかったでしょ。「使わない」が一番だった気がしますけどな。
やっぱりBCに向かってほしかった。というか、行くべきだったと思うんですけどね。
作戦自体は悪くなかったと思っています。

キタサンブラック
敗因は、つまるところ、やっぱり状態かな。
あんだけピッチリ仕上げられて、あれだけ厳しいレースしたら、そりゃ疲労も残るってやつですよ。変に3冠ボーナスなんかなけりゃあ、休養させたのかなぁ、、そんなことねぇかなぁ。。
コース取りは、ユタカの作戦だったんでしょうねぇ。当日のそれまでのレースで、そこ走って勝ちまくっていたわけで。ただ、キタサンブラック自体が、あーゆーレース好むかっていうと、やっぱりそうではなくて、いつも通り、ラチ沿い走らせてやった方がやっぱり良かったんだうと思います。ラチ沿い走れなかったのは、セントライト記念以来なわけでね。あの惨敗のダービーもそう。
ただ、アーク勝とうとしたらそんなことも言ってられんから、その辺も少しは視界に入ってのレースだったんでないかとも思ったりするわけです。

馬場の良いところだったとはいえ、あれだけ終始併走で外回されて、道中徹底マークされてリズムも崩されてで勝ち切っちゃったら、そりゃもう、日本には敵はいないってくらい突き抜けてるってなもんで、で、まぁ、実際、春天ではそんな感じだったんだけど、今回はそれが実現できるほどの状態には無かったってところで、やっぱり状態に行き着くわけでございます。
道中、ユタカも、何度か修正も試みていたようだけれどうまくいかなくて、その辺のコントロールが効かないところも含めてね。

勝ちがなくなってから(もう少し言えば馬券圏内でなくなってから)は、まるで競馬していないので、9着って着順はあまり気にせんでいいでしょう。

あと、本質的に阪神2200mは、合っているわけでもなくて、この春3戦で一番向かない条件なのに、一番グリグリになっちゃったってのもどうなんかね、ってところではあります。

秋はねー、やっぱ、ユタカとアーク行ってもらいたかったけど、サブちゃんだからもう仕方ないね。秋天からってことだけど、有馬を取らしてやりたい馬なので、有馬が万全となるような使い方をしてくれたら嬉しいな、と思います。
サブちゃんには有馬が合っている気がしますよ。もちろん良い意味でね。
スポンサーサイト