2017/05/05

フリーハンデをやってみようかと思う

最近、こんなの読んでるんですよ。

JRAフリーハンデキャップ
http://www.ratingmaniac.com/freehandicap/freehandicap.htm

元々、昔からフリーハンデ大好きだったんですけど、今改めて読み返してみると、やっぱりすげー面白くてですね。

まぁ、フリーハンデにも色々あって、最近で言うと、レーティングだか、クラシフィケーションだか、ワールドサラブレッドなんちゃらだかよくわからないけれど、それが指されることとなるんだけれども、ここで語ろうとしているのは、昔、日本で長く続けられてきた1993年以前の基準のフリーハンデのことね。

トウカイテイオー 65キロ
ビワハヤヒデ 64キロ

とか、そーゆーやつ。

ただまぁ、それ、すなわち昔のいわゆる「フリーハンデ」って、実際もう時代遅れ感満載で、世界的な主流としては、まぁ、ワールドサラブレッドなんちゃらであって、まぁそれも、もちろん嫌いではないのだけれど、なんかこう無味乾燥だし、キタサンブラックみたいな馬には高い数字が付かないし、ごく最近でわかりやすいところで言えば、エイシンヒカリ129(最終的には127になったけど)とか言われても、誰も彼のことを「最強」とは思わないわけでしょ。

でもまぁ、あれはあれ、これはこれ、って感じで、あっちは、そもそもがパフォーマンスレートなので、あれ自体が間違っているとは全く思わないし、あれはあれで価値があるものだと思うのは確かなところだけれど、フリーハンデにはフリーハンデの価値がある(あった)と思うんですよね。

何より、最も強い馬に最も重い斤量を与えるのがいい。
スマイルだかスミレだか、よくわからんけど、細々とカテゴリ分けとかしないで、「総合」と「短距離」でしか分かれていない。
加えて、0.5キロとかセコいことやらずに、1キロ単位っていう潔さ。

これをね、ちと、最近に置き換えて、復活してやろうって試みでございます。
ワールドサラブレッドなんちゃらの方は、ほっといても勝手に語られるからさ。

昨年でいうと、こんな感じになるんですかね?

■3歳
サトノダイヤモンド 65キロ
マカヒキ 63キロ
ディーマジェスティ 62キロ

■古馬
キタサンブラック 67キロ
モーリス 67キロ

まぁ、ちょっとこれは、とりあえずあまり考えずに振ったものなので、ツッコミやご意見は広く受けさせていただきます。

つーか、かつての優駿誌上でも再三、議論の様子が掲載されているけれど、こーゆーのって、個人の独断でなくて、そして決して記者投票とかではなくって、有識者の議論の末に決められるべきだと思うんですよね。なので、ご意見とかあったら、どしどしいただけると有難く思います。

一方で、単に個人的に好き勝手に、楽しくてやっているだけなので、全くの無反応でも、飽きるまで勝手に続けますけどね。

ではでは、空白の20年間のどこから埋めていきましょうかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント