FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/09/27

神戸新聞杯 レース回顧

「今年も菊花賞は最高に面白い。」そして、「本当ならばもっともっと面白くできる。」そんなことを感じさせてくれる前哨戦でした。
いやー、やっぱ競馬って楽しいよ。

レイデオロ
まぁ、やっぱり、強かったですわよね。これだけ強いのなら、JCなんかに向かわず、菊花賞に向かったらいいのにねと、割とまじで思います。
ダービーは、ああいったスローな流れで、すなわちタイムも良くはなく、加えて、馬よりもジョッキーがクローズアップされる流れになっちゃいましたが、今回の、この堂々たるパフォーマンスと合わせて、合わせ技でダービー馬認定してやってください、そんな感じでございます。
ただ、府中の2400mJCねぇ。。チャンピオンの一頭として認められるチャンスを、自らの手で逃がしてしまったような気がしてしますけれども。

キセキ
前を行く有力馬を恨めしく眺めながら、ポジションを取れず、かといって距離に自信も持てずなので、ロスをするわけにもいかずってんで、窮屈なレースを強いられてしまいましたが、そんな中でもさすがはミルコって騎乗でしたし、能力面でも世代トップクラスの走りを見せてくれたと思います。
ルーラーシップでこんな馬が出るのかぁ、と思ったら、母父ディープインパクトだったって話で、この組み合わせ、なかなか相性良いんじゃないかと、ろくに調べもせずに、少ないなんてもんじゃないサンプルで感じた次第。
この先、どうせ行くところもないのだから、菊花賞に向かえばよいと思うのだけれど、角居さんも嫌菊花賞、嫌長距離のお一人でありますからね。。夏場も使ってきてでもあるので、ここで一息入れて、来年の大阪杯を目指すでも良いかとは思います。

サトノアーサー
序盤、折り合い欠きましたね。それでも、あれだけ前に付けて、道中も以前よりもスムーズに走れていましたので、成長が見られたってところでしょう。
レースとしても、完全に叩き台な感じで、次が楽しみなところですが、それが府中の2400mとかならまだしも、京都3000mってのがまたうまいこと勢いを付けられないところ。本番では、条件による上積みは見込めないので、どう展開が嵌まって、どうスムーズにレースをできるかってのに依存することにはなってしまいますね。
で、その先は、もっと短いところが良いかと思います。

ダンビュライト
いやー、ユタカ、昨年に続いて仕込んできやがったね。驚異の前哨戦だわよ。
本番で勝ち切れるかっていうと、能力面もあって、なかなかそうはうまくいかず、「ユタカ、会心の騎乗を見せながらも、ゴール直前で差されて3着」なんて光景が今から浮かんだりもしますが、そんなのはさておき、ともかく本番に向けて、最高の前哨戦をこなしてくれました。
しかも、ラスト脚色厳しめになったところで、横をチラチラ見て、前を行くのが、レイデオロ、キセキと確認したら、「これならば」と手綱を緩めて流すこのエロさ。堪らんよ、この人。
上位3頭が彼等ならば、権利取れなくてもなんら問題無いからね。お狙い通り、17番目か18番目で無事に出走枠に入れそうでございます。
本番では再び2番手あたりを取るかもしれないし、意外と後ろ目から行くかもしれない。どちらにしても、他の騎手の性格と馬の個性とを重ねあって、「どんな展開になるのか?」「そのとき誰がどう動くのか?」もう、これだけで、3時間は吞めるだろってな感じで、この前哨戦から本番までの妄想が、競馬の醍醐味であると共に、「菊花賞は今年も面白い」と深く深く感じさせてくれる素晴らしい騎乗でありました。

まさか無いとは思うけれど、これでデムーロに乗り替わりなんかしたら、不買運動起こしますぜ、競馬村のみなさん。

アドマイヤウイナー
力付けてますよね。ただ、ちょっとこの条件では相手が悪かったし、レース自体も厳しい内容となってしまった。この馬みたいな存在が3着とかに忍び込んで、菊花賞で8番人気くらいになったりするのがまた面白いのですけどね。。
そんなもんだから、今年のこのレースの情勢を見てしまうと、やっぱり、3000mの指定オープンが欲しくなってしまうところ。
そこでは本当に菊花賞を目指したい馬がしのぎを削り、菊花賞でこそ輝ける馬が権利を取ってくれると思うのですが。

カデナ
福永さん、レース前から距離のこと語っていたんだよねぇ。短いところが良いとはっきりわかっていたのでしょう。
まぁ、菊花賞の舞台は、そんな距離適性でも立ち回り次第でどうにかなるところはあるので、長いとわかっていてもここ(菊花賞)までは出てみるってのはアリだとは思いますが、福永さんは他の馬に乗りたさそうですねぇ・・。
トリコロールブルーあたりが回ってきたら良いのにね。
戸崎さんには、府中で5勝くらいしちゃってくださいってことで。。

あ、で、結局、秋天向かうのね。
いきなりはどうかと思うので、また、来年の大阪杯なり、安田記念なりまでに、力を付けていくってところですかな。


菊花賞に向けての、もう一つ大事なレースが、ビートブラック記念、ないしはバンデ記念 兵庫特別。
個人的に大好きな、ダノンディスタンスと和田のコンビが、最後の菊花賞の切符を掴んでくれたら、とても嬉しく思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。