FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/17

JRA 2018年度開催日程と重賞競走について

毎年この時期のお楽しみ、来年度の開催日程と重賞競走に関する主な変更点が、JRAより発表されました。

2018年度開催日割および重賞競走について
http://jra.jp/new0s/201710/101604.html

早速、上から順にいってみましょうか。

■開催日割について

開催日割表
http://jra.jp/keiba/program/2018/pdf/nittei.pdf

1.年初および年末の開催について

要は、1月6日に始まって、12月28日で終わるよ、って話。

前者の、1月6日の開催は別にいいよね。
来年は、1月6日が金曜日。1月7日と8日も開催するわけで、例年通りの1月5日開催を行うために、わざわざ飛び石で平日に、無理して開催するこたぁないからね。

ただ、後者は論外な。1mmも、1nmも語る価値がないわ。

2.祝日等を利用した開催について

悪名高き3日間開催を、1月、2月、9月、10月と、4回もやるみたいです。

1月は、まぁね。昔から変則開催でもあるし、何の違和感も無いのだけれど、問題はその次ね、降雪の危険性が多大にある2月に3日間開催するんじゃねぇよ、って話で、ほんと目先の売上のことしか考えてなくて、嫌悪感満載になってしまいます。
4日間開催になる確率、結構な高さであるでしょ。
まぁ、それも望むとこかもしれんけどさ。

9月、10月は今年と一緒。あまり好きくないけどね。
てか、3日間開催は百歩譲るとして、京都大賞典は、毎日王冠と同日の日曜日に行いなさいよ。
で、月曜日は南部杯を売りなさいよ。
南部杯と京都大賞典ぶつけるなんて、何考えてんだよ。

と、何度も何度もつぶやいていることを、あらためてまた残しておくこととします。
事あるごとに言うからね、これ。

3.開催日数について

詳しくは、上にあるリンクをご覧ください、だけど、要は来年も函館と札幌が12日ずつよ。
目先の売上至上主義万歳。

■重賞競走について

重賞競走の主な変更点
http://jra.jp/keiba/program/2018/pdf/henkou.pdf

1.3歳スプリント重賞競走の新設について

葵Sが重賞に格上げになりました。

「なぜ葵S?」って議論は無いわけでもないけれど、とにかく、小倉2歳Sから翌年の函館スプリントSまで、ほぼ丸1年間、短距離重賞が無いってなもんで、ピュアスプリンターにとっては、伸び盛りの時期に苦難の時期を過ごさざるを得ない、残念なことになっていたわけですが、これで少しは、ほんの少しは救いの手が差し伸べられることとなりました。
てか、正直まだ不十分で、どうせだったら、クリスタルCを復活させたって良いし、2歳時にももう一つ二つ、短距離重賞があっていいと思いますけどな。

とは言うものの、長年の課題に一つ改善が施されたわけで、今回の発表における一番の改善点は、個人的にはこれを挙げたいと思います。てか、もう圧倒的。
ただ、この程度で「一番の改善点」しかも「圧倒的」というのは非常に寂しいし、大いに不満でもあるところでありますけどな。

てか、ヒヤシンスSはよ。

2.3歳春季トライアル競走の改善について

大きく3つあるんだけど、まず一つ目は、皐月賞、桜花賞それぞれで、現在、4着までに与えられている、ダービー、オークスそれぞれの優先出走権が、5着にまでに拡大されることになりました。

まぁ、この両レースは、その世代のその時点でのトップクラスがほとんど集結するわけで、「その後のトライアルに優先出走権を振るよりは」との考えに至っても、まぁおかしくはないかな、というところでありますかね。
これで、皐月賞5着→賞金が足りないので京都新聞杯出走→勝利→骨折という憂き目にあった、ベストメンバーのような馬が救われるわけで、まぁ、よろしいことでありますし、一方で、「その実そんなに効果は大きくないんじゃねぇの?」とは思いつつも、まぁ、別にやってもいいんじゃないのかな。くらいの変更でございます。

ただね、、それに伴ってというか引きずられるように行われる変更点、これがよろしくない。

オークスの優先出走権付与
・フローラS:3着まで→2着まで
・スイートピーS:2着まで→1着のみ

要は、数年前に変更がされた、ダービーにおける青葉賞とプリンシパルSと横並びになったんだけど、桜花賞→オークスは、距離がまるで違うし、桜花賞スキップしてオークス一本狙いの牝馬も当然多く見られるわけで、「皐月賞→ダービーとは話が違うだろ」と言いたくなってしまうところであります。

これってつまり、フローラS3着でオークスの出走権を得た、ワコーチカコ、エリモシック、ピュアブリーゼといった辺りは、オークスに出られなくなるわけだし、彼女ら以外にも、フローラSでズブっぽく3着して、「距離伸びて」のとの期待を集めて穴人気し、オークスを盛り上げた牝馬はたくさんいるわけで、そんな彼女らがオークスには出られず、それまでマイル戦ばっかりで賞金を積み重ねた距離に不安のある馬ばかりを集めての2400m戦とか、これは著しく興味を削ぐ話なわけでございますよ。
今回、一番の改悪点はここですね。

スイートピーSが1枠になるのは、まぁ、別にいいや。
現行ままの条件で行われるのであればね。

で、次が二つ目。優先出走権絡みでもう一つ大きな変更が。
アーリントンCを、皐月賞の前日、つまりは桜花賞とNZTの翌週に移動して、NHKマイルCのトライアルとして、3着までに優先出走権が付与されることになりました。

要は例年低レベルで、降格間近、瀕死状態のNHKマイルCの救済ね。
はっきり言っちまえば、「NHKマイルなんか、格下げでいいだろ」の一言なのですが、一応、救済を前提に前向きに語るとすると、これまで、NZTで権利を取りたいけど除外されていた、2勝馬達が救済できて、「少なくともどちらかのトライアルは使えるよ」状態が作れることが、唯一と言っていいメリットかな、と。

後は、嫌中山な方々にとっては、大好きな阪神→府中と向かえるわけで、まぁ、なかなか嬉しい話なのかな。
ただ、本番まで中2週だけどね。まぁ、それでも嬉しいか。

ただ、結局のところは、ただでさえメンバーが薄いNHKマイルCの前哨戦が、より薄まるだけで終わる確率が一番高いんじゃないかな、って思っています。。
有力馬はみんな、皐月賞だ、桜花賞だに行っているわけだし、NHKマイルCを狙う組も、最近のJRAの番組改編で、「紫苑Sの重賞格上げ」に次ぐ2番目くらいの数少ない成功例である、「毎日杯の1800mへの短縮」によって確立された、毎日杯→NHKマイルCの路線を歩むわけだからね。

そして、それ以上に、今の位置にあるアーリントンCは、今年のペルシアンナイトを持ち出すまでもなく、クラシックに向けての重要な役割を果たしているわけで、それを突然ポコッと無くしてしまうデメリットの方が大きいんじゃないかと、この変更に関しては思います。

それだったら、一つ目の件と絡めて、桜花賞の5着馬までに、NHKマイルCの優先出走権を与えれば良かったのにね。
その方が、NHKマイルCのメンバーは充実するよ、きっと。

あ、あと、忘れてた。。
最後の三つ目は、チューリップ賞がGⅡになるってことで、こりゃまぁ「妥当」の一言でありますな。

3.JBC競走について

既報の通り、来年は京都でJBCが開催されます、と。
一応、条件は下記ね。

・JBCスプリント ダート1200m
・JBCクラシック ダート1900m
・JBCレディスクラシック ダート1800m

JBCレディスクラシックが1800mだったことが地味に安堵かな。

でもって、この流れで、みやこSは休止と。
これはまぁ仕方ない。

4.重賞競走の実施日の変更について

ここはまぁ、金鯱賞が土曜日から日曜日に移ったりだとかの、チマチマとした変更です。
てか、まず京都大賞典を日曜日に戻せよっての。


・・・と、とっても長くなってしまいましたが以上ですかな。

今年は、(今年もだな)大きな変更点はあまりなく、ちと残念な祭りではありました。
スプリント路線だとか、菊花賞だとか、3歳春のダート路線だとか、宝塚記念だとか、安田記念だとか、春の古馬牝馬路線だとか、長距離路線だとか、更にはJCのあり方だとか、手を加えることによって(元に戻すだけで良いのも多々あるけれど)、競馬が一層面白くなるポイントはたくさんあるのですから、「一度変更したことは後戻りできない」なんてくだらないこと言ってないで、競馬ファンのために、楽しく、充実した番組作りに励んでもらいたいもんでございます。

来年は期待していますよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オークスのトライアル枠は削る必要ないと思います。ダービーと違い、賞金ボーダーが上がりにくいんですから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。