FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/31

天皇賞(秋) レース回顧

キタサンブラック
いやー、強かった。なんつーか、感動的な勝利でしたね。
さすがに狙っての出遅れではないとは思うけど、武豊が、毎度複数練って挑んでくるレース前のプランの一つではあったはずで、リズム良く走らせることを最優先に、「生きた」レースの中で、躊躇無く、最上の技量を持って見事に実現した名騎乗であったと思います。
3〜4角の進路取りはもちろん、2角でラチ沿いを選択したり、直線での、グレーターロンドンの押しのけ方とか、サトノクラウンの前への入り方だとか、匠の技を見せていただいた感がありますね。
そしてもちろん、馬の力ね。これで本格的に史上最強馬論争に加わってもよい感じになってきたんじゃないでしょうか、って感じだけれど、きっとその中でも、現役時代と同様に過小評価されちゃうんでしょうな、ってのが容易に想像できちゃうところが、って話で、これはもう、この馬の持って生まれた"何か"のようなもんで仕方がないところなんだと思います。
本当の実力とは関係の無い話であるからね。
次は、予定通り、JC、有馬と言うけれど、で、きっとやり切れると思うけど、サブちゃんの馬でもあるし、どうしても有馬記念を取ってもらいたいので、JCスキップして、万全の状態で有馬に出てきてほしいなぁ、とは思います。
ただ、JCに出てくるのであれば、当然、好勝負でしょう。
残り、1戦でも2戦でも、無事に走り切って、良いかたちで引退をさせてやりたいですね。

そして、この強い強いキタサンブラックと、ガチンコやり合ったサトノダイヤモンドもまた、スーパーな名馬であること、思い出してやってくださいね。

サトノクラウン
名勝負を演じてくれました。彼もまた、世界的な名馬ですよ。
重馬場、重馬場言われるけど、別に「特別上手い」ってわけではなくて、速いだけの異常な馬場でなければ、本来の実力が発揮できる、って話なんだと思います。
日本は、速い馬場"でしか"来れない馬の評価が高すぎるよ。
ミルコは、相変わらずというか、今回絶賛されている「ユタカスペシャル」を彼も普通にやっていて、「強奪」だ、「不条理な乗り替わり」だ、私もよく言っていますが、「それらも仕方ないな」と今週も思わせてくれる騎乗ぶりでありました。今回は単に相手が悪かった。
この後は、JCなのかな?
そこでも、速すぎない"普通の"馬場での、再度の激突、名勝負を見てみたいものですね。

レインボーライン
彼は、重馬場適性あるよね。
ただ、武豊に隠れてしまった感はあるけど、岩田がすんげぇ騎乗しているし、状態も良かったし、春の2戦は十分に理由の付く負け方だったしで、重馬場適性だけで得たものではない、堂々たる3着であったと思います。
前の2頭が強すぎるよ。後ろは5馬身千切っているわけだしね。
次は、JCかなぁ。いずれにしても、春から言っていることですが、これだけの馬だから、早いこと鞍上固定してもらいたいんですよねぇ。。
今回の好走も、前走の負けを踏まえての、岩田の騎乗であったと思いますし。

リアルスティール
良馬場でやりたかったですね。
ただ、状態面ではやっぱり前走仕上げすぎた感があって、ミルコが追い切りで指示を守らなかったってのが本当だとしたら、腹立たしい限りなのだけれど、その真偽はさておき、まぁ、そういった使い捨ての騎手選択をしているがゆえの敗戦だったと言ってしまってもよいかと思います。
次走は、香港にいくんですかね? ムーアでも誰でも、"大好きな"、空いているカタカナジョッキーを乗せたらいいんじゃないですかね。

マカヒキ
レースに参加できていなかったですね。
「何であんなに後ろから?」とも言いたいし、せめて、3角~4角、上位馬のようなコース取りをしてくれよ、とも言いたいところでありました。内枠だったら、また少しは違ったのかな。。
前走の回顧でも書いたけど、そして、コロコロの乗り替わりは嫌いではあるけれど、この馬に関しては、出稼ぎのカタカナジョッキーを乗せるのが、良かったんじゃないかとは思います。それか、川田ね。
重馬場適性はあったと思うし、何より戻ってきつつありますよ、この馬。
ほんとは、「戻ってきた」と言い切ってしまいたいところではありますが、追い切りとか見るとまだまだな感じで、これでパンと仕上がったら、またGIで勝ち負けできるようになると思っています。
次、JCでは今一度、状態に注目したいですね。

ソウルスターリング
ノリさんじゃないけれど、「頑張った」でしょう。
3歳牝馬で、この強敵相手に、この条件で、あれだけ外々回って、この着順ですよ。加えて、この秋は調整へぐった感があって、万全の状態でもなかっただろうからね。
ただ、それでも今回は、前走よりは、ずっとずっと状態良くなってましたよね。なので、前走の回顧でも書いたけれど、ここスキップして、JC直行してくれたら面白かったのにな、と思う次第でございます。
まぁ、今となっては後の祭りですし、その選択が、「ルメールが乗れないから」でないことは祈りたいところでありますけどね。
後は、桜花賞のとき主張していた、「敗因は馬場ではない」ってのが、ルメールのコメントで、認められた感があって嬉しいっす。
次はJCに行くのかなぁ。。状態を上げられるくらいなら、春の出来に持っていけるのであれば、面白い存在になれるとは思うのですけれども。。

ディサイファ
一瞬見せ場あったよね。「全盛期だったらね」とも言いたくなるけれど、それはさておき、何よりお疲れ様でした。
貴重な母父ドバイミレニアムのディープインパクト牡馬なわけで、ぜひとも種牡馬になって、その血を後世に繋げてもらいたいもんですね。

グレーターロンドン
良くも悪くも、田辺、田辺、田辺なレースになっちゃいました。
まず、スタートから最初のコーナーまでの入り方がエグいし、向こう正面でもただ一頭、離れた内を、あえて進路を変えながら取りに行って走っているし、3角~4角の進路取りは見ての通りだしで、最初から一発狙った一か八かの騎乗だったんでしょう。いつものレースをしても、このコンディションでは勝負にならなかったでしょうから、それ自体は悪くない。ただ、無念、グレーターロンドンが、そこまでの柔軟性と、後は距離適性を持っていなかった。
ただ、結果はどうあれ、「勝負」をする騎手は好きですけどね。
田辺にももっと良い馬が集まればいいのにね。
一方で、「本馬としては」っていう結果になってはしまいました。賞金もレーティングも取れなかったし、疲労も残ってしまっただろうしで、下手したら、これでまた休養入りかもしれませんですな。。
この秋、万全の状態で"マイルCSに"出走するグレーターロンドンが見たかったよ。
本当に見たかった。

シャケトラ
今回は、ちとあからさますぎもする一叩きでありましたな。
ここ叩いて、JC→有馬と、Cデムのまま継続でいってもらいたいところでございます。
勝負になるんじゃないですか。
なんだったら、ドバイシーマクラシックもね。

サトノアラジン
とりあえず、後方を1600mトコトコ走って、とっとと競馬やめちゃったんで、そんなに心配はいらないでしょう。
マイルCS全力投球で、頑張ってくださいね、と。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。