FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/27

有馬記念 レース回顧

凡戦、だが、素晴らしき凡戦。
キタサンブラック、長きに渡り、ありがとう。

キタサンブラック
果たして逃げていたのが例えばネオリアリズムクラスだったとしたら、レース後半どんな展開になっていただろうか?
後ろは変わらず金縛りだっただろうか?
それであってもあんなに楽に勝てたであろうか?
そもそも逃げ切れたであろうか?
「恵まれた」だなんてとんでもない、キタサンブラックと武豊であればこその楽勝、完勝、凡戦であったと思うわけであります。

寂しいけれど、これで引退、種牡馬入りですな。
多くの人が、そう思いながらも口には出していないんだろうけど、正直、種牡馬としては成功できないんだろうな、と思ってはいます。
ただ、「血統的に3000mは無理」だとか、「ダービーで惨敗した府中は向かない」だとか、「秋3戦目は厳しい」だとかといった、我々競馬ファンの"言いがかり"を、ことごとくはね除けてくれた彼のことだから、ここもまた、「まだわかってくれないの?」とばかりに、あっさりと乗り越えてくれちゃったりするのかなぁ、との期待も持っているというのが正直なところでもございます。

この年になって、3頭目の「好きな馬」ができるとは思わなかったな。
この1,2年の競馬は本当に面白かった。
心の底より、「ありがとう」。

クイーンズリング
スタート良くはなかったけれど、好枠を生かし、ルメールが押して出しつつ足を溜めて、内でじっくり好ポジション。で、このポジションにいながら、3角手前で最初に動いたのがルメールなんよね、やっぱ凄いよこの人。
これで引退なんでしょうが、枠に恵まれ、鞍上の助けもあったにせよ、これだけ走れれば、もう1年現役を延長したくなってもおかしくはないですよなぁ。
一転、現役続行でも一向に構わないですぜ。

シュヴァルグラン
強くなったよなぁ。
向かない条件で、外枠で、しかも、あんだけの不利食らって、最後、ファイトバックしての馬券圏内なんだから、ほんと大したもんだ。
でも、福永だったら、また別の競馬を見せてくれていたんじゃないかとは思いはして、あの乗り替わりが無ければ、この秋の競馬は(シュヴァルグランのみに関わらず)全体的にまるで違っていたんじゃないかなぁ、と思うと、その理不尽さとも相まって、とても悔しくなってもまいるわけであります。
来年は、主役として堂々と、阪神大賞典→春天→宝塚記念を歩んでもらいたいですね。
ただ、鞍上どうするんだろね!?

スワーヴリチャード
根拠の無い「右回り大丈夫論」が出ていたのが謎だったのですが、で、案の定とも言えるような走りをしちゃったのですが、それでも、そんな中、あれだけの走りを見せてくるのですから、やはり素晴らしい才能ではありますよな。
であれば一層、JC使っときゃ良かったのに、とも思いもするし、これが、ミルコ確保のためのローテだったら残念の極みであるのですが、終わったことはもう仕方がない。
それより、来春の目標、大阪杯とかどうゆうことだよ!
だったら、やっぱり無理してでも、JC使って休養に入り、ドバイシーマ目指しとけよ。
これだけの才能を、人様の影響によって潰されてしまわないことを祈るばかりです。

ルージュバック
スタート直後から北村が内を凝視して、一気に進路を変えての意図的なインコース取り。
コメントにあるように「出遅れたから」ってのもあるんでしょうけど、最初からの狙いだったんでしょうな。
ただ、最初のコーナーまで良い感じで進出していたところを、同じく内を狙ったレインボーライン岩田に半歩先に前に入られてしまったのが痛かった。あそこを取れていれば、馬券圏内に絡んでくることもきっとできたんじゃないかと思っております。
これでもう、せいぜいあと一度使ってか使わないでかでの引退ですかね。
GI勝てずに終わるような馬ではなかったんですが。
あと、もっと早くから、北村とのコンビを見てみたかったですねぇ。

シャケトラ
好スタートから、あの位置が取れたのは悪くないし、あの位置が取れたのであれば、キタサンブラックに無駄に突っかけないのも当然で、そこを叩くのはお門違い。
ただ、本馬にとってあの競馬が最善であったかは不明で、その辺はコンビとしての熟成の浅さが出たと思うし、もったいなかったとも思います。
あと、今回はだいぶマシにはなっていましたが、この秋は状態も今一つだったかな。JC使わずに、秋天から有馬直行していればねぇ。
「ポテンシャルは、ポテンシャルは」言われたまま1年経過してしまったので、来年は、誰でもいいからコンビ固定して、飛躍を期待したいもんですな。
日経賞あたりから、春天→宝塚希望で。

サウンズオブアース
流れがこの馬向きになったのは確かだけれども、「大外でなけりゃ」って内容の走りで、「もう終わったか」とも思ってましたが、あれだけ走れるなら、メンバー次第ではどこかで3勝目もあり得るかもしれないですね。
無理にGIに拘らず、日経新春杯→日経賞→目黒記念→余裕があったら宝塚記念くらいが良いかもしれないです。

レインボーライン
出遅れたブレスジャーニーが邪魔だったなぁ。
あれが無けりゃ、もしくはもうちっと内枠だったら、また違った競馬になり、もしかしたら結果になりであったかもしれんです。
ただ、菊花賞2着の実績や、2400m付近でもそこそこ走ってしまうのでぼやけますが、やっぱり2000mが良いと思うんですよね、彼。
なので、どこかのトライアルから大阪杯、ないしは香港のQE2が良いかと思います。
どちらかと言えば、QE2で見たいかな。

サトノクロニクル
まぁ、単純に力不足ですよな。
でもって、そこを覆すような一発かませるような騎手でもなかったし、この馬と騎手との相性も無かったってとこでしょう。
GⅡなり、GⅢなりを歩んで、力を付けてから、でありますね。

ヤマカツエース
「あの枠引いたし」でもあるから、あの競馬を選択するは全くおかしくはないのだけれど、この馬の特性と照らし合わせたら、残念ながら「合わなかったな」って感じですかね。
まぁ、勝ちに行ったのだから仕方がない。
来年も、中距離戦線の名バイプレイヤーとして、活躍を期待したいものですね。
気分転換に海外遠征も悪くないかな。

ミッキークイーン
まぁ、この流れではどうしようもないよ、ってところでしょうな。外枠でもありましたし。
来年も現役なのであれば、何よりもどれよりも、「一度叩いてのエリ女」を実現させてやりたいですな。

ブレスジャーニー
出遅も、枠に恵まれ、とっても枠に恵まれ、ほんと内枠有利だよなこのレースって感じでそれなりのポジションが取れたのに、勝負どころでは置き去りだったので、やっぱり力が足りなかったってところでしょうね。
最後、不利はくらいはしたけど、無くても勝負になっていたわけではないのでね。
今後は、ローカル含めて、GⅢ巡りですかね。
春のクラシック、走らせてやりたかったなぁ。

サトノクラウン
まずは流れが致命的なまでに向かなかったってのが一つ。
で、もう今シーズン、トップレベルで走れる状態にもなかったんでしょうね、ってのがも一つの合わせ技での見せ場無しでの惨敗。出走には、オーナーサイドの意向が出ちゃったのかな!?
距離は2000mよりも2400mが良いと今でも思ってはいます。
来年は、アーク一本に絞るくらいのローテを組んでほしいけどなぁ。

トーセンビクトリー
田辺なんで、逃げて引っかきまわしてくれることを期待するところが無かったわけでもないですが、好位から上手いこと競馬しましたし、4角でのあの「手応え」は、母ちゃん譲りだよな、と微笑ましく思わせてもくれましたし、これで十分て感じですかね。
最後は不利食らっちゃって可哀想でした。
彼女のような馬に、春の目標となるレースが無いのは、とても残念なことですよね。

カレンミロティック
さすがにもう、このレベルでやれるだけの力は無いですね。
せめて、もっと内枠で、逃げるであるとかの見せ場だけでも作らせてやりたかったです。

サクラアンプルール
いやー、きっちり仕上がっていましたし、良い競馬しましたしで、まともだったら3着、もしかしたら2着もあったかもの競馬でしたよね。
蛯名は不利ばかり食らっている印象が強くて、可哀想とは思いつつも、これだけ不利を食らうからには、食らう理由があっての話じゃねぇか?ってところで、ちょっと根本的に乗り方変えなきゃ、この先、低迷の道一直線になっちまうんじゃないかと、思ってしまったりもいたします。
ダービー勝たしてやりたいけどね。。
馬は、精神面含めて無事であることを祈るのがまずで、そこをクリアできた暁には、来年も適鞍での激走を期待したいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。