2015/11/03

10/31,11/1の競馬振り返り

■萩S
残念ながら、「スーパーな一頭」はここからは現れなかった。
あと、プロフェットは、ヨーイドンでは分が悪いのに、何で前々で競馬をしなかったのか、って話。騎手選定の時点から作戦負けだわね。

■アルテミスS
つーことで、カイザーバルもまた、スーパーな一頭ではなかったわけだ。なんとなくアメリカで走らせてみたくはあるけどね。
勝ったデンコウアンジュは、この血統と人気からも、「勝った」と聞いてレースを見ても正直侮っていたのだけれど、普通に強くて笑ってしまった。
しっかし、父メイショウサムソン、母父マリエンバードなんて血統が、高速府中の2歳重賞を勝つかねぇ。実はやっぱり洋芝が良くて能力だけで勝ったんじゃ?つーことは、来年の凱旋門賞いただきじゃん、なんて妄想したくなっちゃうよ。

■スワンS
3歳馬が新たな一面を発揮して勝利し、フィエロがいかにも前哨戦な競馬をして2着と非常に良い結果でございました。
ただ、そんなレース結果がどうでもよくなるくらい直線での落馬にはびっくりした。レース終わるか終わらないかのうちに誰が落ちたのかを確認に行っちゃったよ。そして、無事であったかの猛確認。転がって馬に乗っかられたようにも見えたからね。。
まぁ、重傷ではあったけれど、大事には至らなくて本当に良かった。たまにはゆっくりと外から競馬を見るのも悪くないだろうから、まずはしっかりと怪我を治して、一皮剥けて帰ってきてもらいたいな。

■カシオペアS
トーセンスターダム、やっぱり秋天に出してやりたかった。チャレンジCの連覇で満足しているような馬じゃないでしょうよ。

■天皇賞(秋)
地味なヒーロー、ラブリーデイが文句のつけようが無い完勝劇。まぁなんにせよ、前哨戦→秋天とぶっこ抜いてくれる馬が現れると痛快だわね。
前回、京都大賞典のときにも書いたけど、来年は海外での走りを見たいものですな。

他では、、そうですな、、

ステファノスは、豪州遠征したら面白かったのに、と思っていたけど、この結果残して次香港ならば、この秋のキャンペーンも成功になるのかな。それでもやっぱり来春は豪州に遠征してほしいけどね。
まぁ、ドバイ→香港でもいいか。いずれにしても海外旅行行脚で。

イスラボニータは、なんと言っても枠が可哀想だった。ラブリーデイと枠順逆だったら、逆の結果だったかもしれんですぜ。次は香港に向かってもらいたいんだが、遠征があまり良くないんだったっけ!?

アンビシャスは、ルメールのままでこの秋を見たかったね。

ペルーサは、種牡馬にせんといかんぞ。

エイシンヒカリは、やっぱりなんだかんだで走りにスムーズさを欠いていたよ。逃げ馬は逃がさんと、とは思うけど、「GⅠの壁」って言い訳が使えるこの場で、ユタカさんが将来を見据えて競馬を教えてみたのかな、なんてことも思ってみたり。

ワンアンドオンリーは、昨秋の無駄遣いが全て。
スターホースを壊してしまったよ。

ヴァンセンヌは、鞍上変えたのも失敗だし、この路線を選んだのは大失敗。マイルCSを勝てていたのに、変な欲を出したせいでそこを走れないとか、人災の一言でございますな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント