--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/27

11/22の競馬 振り返り(マイルCS)

■マイルCS
なんだか、GⅠとは思えないくらい、あっさりレースが流れて、あっさりモーリスが勝っちゃった感じ。まぁ、それだけ圧倒的だったってことなんでしょうなぁ。

モーリスは、ちょっと強過ぎたし、スクリーンヒーローは凄いし、血統背景のドラマも素晴らしいし、一頓挫あったところから立て直した陣営の努力も称賛されるべきだし、本当に手放しで拍手を送るのみ。
こういった筋の通った名馬が現れてくれることが、競馬の醍醐味ですよね。本当に良かった。

※ただ、これだけの馬が、紙一重で安田記念に出られなかったかも、というか、出られない方が濃厚であったということは忘れてはいけないところ。

次は香港マイルですな。
一頓挫あったので反動が無いかが心配だけれど、万全の状態であれば、とっても楽しみな参戦です。
エイブルフレンド倒してこいよ。

フィエロは、立派なレースをして、ここ数年のレベルだったら「勝ち」に値する内容だったんだけど、勝ち馬が強過ぎた感じ。
運が無いよね。昨年も勝っているべきはこの馬でしたし。
次は香港みたいだけれど、ベストと言える京都で勝てなかったモーリスに、シャティンで逆転できるか、っていうと微妙なところ。
ただ、次に使う適切なところもあるわけではないので、レース選択としてはベストですかな。

イスラボニータは、本来、中距離の馬で、レース内容もチグハグだったのに、自力でここまで押し上げたのはやっぱり凄ぇ。
今年の秋天(更には昨年)勝っているべきはこの馬だったかな。
日本にいる限りは、目標となるべきレースが無くて、来春も安田記念を目指すことになってしまうことが本当に可哀想というかもったいない。
香港でもドバイでも行ったらいいのにと、外野は気軽に言えるんだけれど、頑なに行かないですよね。遠征が良くないのかなぁ。。
絶対にやめてほしいのは、ピークを過ぎてから、初遠征をしちゃうこと。行くなら今のうち、でも行かないんだよね。

サトノアラジンは、十分に強いのだけれど、まぁこんなもんかな、ってところ。
このくらいの馬が、安定して成績を残す(弱い相手には完勝して本番では惜敗的な)ようになると、長年混迷のマイル界も、グッと引き締まってくるのですけどね。

アルビアーノは、桜花賞出ていろよ、の一言。

ロゴタイプは、デムーロ鞍上で見たかったな、ってのと、中山でマイルなり、中距離なりのGⅠがあったらね、っていうところ。

カレンブラックヒルは、中団で空気になるくらいなら、気持ち良く前行けよ、って言いたくなっちゃったけど、レース後に引退が発表されましたね。
中山のニュージーランドトロフィーとNHKマイルCを連勝した唯一の馬。3歳での毎日王冠勝利も見事。次の秋天は外枠16番だったから仕方無し、それでの見せ場ありの5着。というスターホースだったのに、フェブラリーSに参戦して完全に壊れてしまったのが残念で仕方ない。
本来ならば、この2〜3年のマイル界を引っ張っているはずの馬で、混迷の大きな要因でもあったわけでね。
この時点での、文句無しのダイワメジャーの代表産駒。僅かなチャンスでも掴んでもらいたいもんですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。