2015/11/30

11/28,29の競馬 振り返り

■キャピタルS
ワールドエース、こんなところで2着したくらいで、好走だなんだと喜んだらいかん。
次こそは、中距離戦に出てこいよ。
もうかなりの手遅れだけれど、まだまだもう一花くらいは咲かせられるはずだと思っているぞ。

■京都2歳S
またしてもとなるユタカさんの2歳重賞制覇と、ハービンジャー産駒の勝ちってのも嬉しかったけれど、レベル的には、この世代の他の"突き抜けた"連中と比べると、一枚落ちる内容だったかな。
やっぱり、京都2歳S(OP)でもよかったような内容でした。
まぁ、オープン時代と変わらず、こっから飛躍することは期待はしたいけどね。

■オリエンタル賞
ポトマックリバーVSレアリスタ。
結果同着。
ある意味、最高の結果かな。
2頭共々、今後の飛躍を期待したいところです。
あと、やっぱり、トキオリアリティーは優秀なだねぇ。

■白菊賞
カイザーバルに勝ってもらって、オータムリーフSのスーサンジョイと共に、「来たぜエンパイアメーカーの波!」を演じてもらいたかったけれど、まぁアドマイヤリードも、前走が凡走だっただけで新馬の内容からも当然クラシック乗るべき馬なのだから、まぁ良かったとしますか。
ただ、つーか、やっぱりこのレース、何でこの週の開催なんだろう!?
どの馬も、こっから阪神JF向かってほしくないしなぁ。

■ウェルカムS
ネオリアリズム見事な勝利だったけど、こう何度も何度もムーアにイン突きされる他の騎手達は「これでいいのかい?」ってのが、このレースで一番言いたいところ。
まぁ、このレアリスタとの連勝で、引退したばっかりの兄ちゃんにも良い景気付けとはなりましたな。
(まさにそれを狙って、2頭とも結構ゴリゴリにまで仕上げてきたのかもしれんけど)
そして、何度でも言ってやる。
だから、あれほど、アイルラヴァゲインを種牡馬にしておけと。

■オータムリーフS
エンパイアメーカー産駒のスーサンジョイ、やってくれたね。
これは上に行ってもまだ楽しめそう。
今後も、和田とのコンビを継続していってもらいたいもんですね。

■ジャパンカップ
やっぱりレベル低かったよな。
団子での入線は見所あったし、ショウナンパンドラと池添は素晴らしかったし、ムーアのイン突きも流石だったし、ラブリーデイも目標とされる中で、本意とは異なる競馬を強いられての中でのこの結果は力を示したけれど、やっぱりここは京都大賞典でなくJCなんでね。
がっかり感は隠せないってのと、ゴールドシップが無事に有馬を走られそうで良かったね、くらいの感想となりますかね。
あと、ナイトフラワーは全く競馬にならず可哀想でしたな。
ワンアンドオンリーも、昨秋の無駄遣いがほんともったいなかったなぁ、と。

■京阪杯
ビッグアーサーは負けてはしまったけれど、道中流れに乗れていなかったし、最後はしっかり伸びているしで、底は全く見せておらずなので問題無し。まぁ、賞金は加えておきたかったけどね。
それよりも、ここは、サトノルパンを褒めるべきでしょう。
スプリント戦2戦2勝。ビッグアーサー共々まだ4歳。
同じく4歳のネロも加えて、スプリント戦線新時代の幕開けですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント