2015/12/04

韓国に供用されている種牡馬の種付け頭数

あれこれ語るのはまたの機会として、とりあえず今回は情報の羅列で。

■アドマイヤドン
2015年:21頭(2014年:18頭、2013年:28頭)

■ビワシンセイキ
2015年:9頭(2014年:30頭、2013年:27頭)

■フェデラリスト
2015年:68頭(2015年から供用開始)

■イングランディーレ
2015年:23頭(2014年:61頭、2013年:93頭)

■リミットレスビッド
2015年:30頭(2014年:48頭、2013年:29頭)

■マイネルセレクト
2015年:1頭(2014年:5頭、2013年:20頭)

■オーロマイスター
2015年:4頭(2015年から供用開始)

■スパイキュール
2015年:9頭(2014年:29頭)(2014年から供用開始)

■テスタマッタ
2015年:118頭(2014年:77頭)(2014年から供用開始)

軒並み苦戦する中で、テスタマッタの116頭はさすがと言いたいところだけれど、どちらかと言うと、「さすがアメリカ血統全盛の韓国」、「さすがTapit」って感じかなぁ。。
イングランディーレまでが苦戦しつつあるってのがね。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント