--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/06

1/5の競馬 振り返り

■阪神8R 4歳上1000万下
ブチコ強かった。
ただまぁ、見た目うんぬんは置いておいて、そもそもが世代屈指の実力馬だったし、このあたりはあっさり駆け抜けてもらわんといかん素材ですよね。
昨春は、変な使い方をされて可哀想だったけれど、本来あるべき場所で輝きを取り戻せたのは本当に良かった。
早いとこ、交流重賞を自由に転戦できる賞金を稼いでもらいたいもんですな。

■万葉S
1000万条件でも勝てない馬が勝っちゃったということで、「嫌長距離」な方々にとっては、酒が進む結果だったんじゃないですかね。
とは言っても、勝ったマドリードカフェも、芝の長いところでは底を見せている感は無いし、長距離の条件戦が短距離並みに組まれていたら、とっくにオープンまで駆け上がっていたでしょうけどね。
ちょっと使い方が滅茶苦茶で可哀想なのだけれど、ここ勝ってしまったからには、ダイヤモンドS→阪神大賞典→春天と歩んでいくんでしょうなぁ。。下手したら、大阪ハンブルグCまで挟むかも。。
ここは、グッと我慢することが、普通であれば、この馬の馬生にとっても吉となると思うのだけれど、現実的に、ここで我慢しちゃったら次使うところがないですからね。
夏場のローカルの2000mばっかりの重賞転戦したって、ぜってー勝てねーよ。
長いこと活躍してもらいたいので、どうにか無事であってくれることを祈りたいです。

あとは、せっかくの貴重な3000mレースなのに、こんな時期のしかもハンデ戦で行われることがとっても残念だし、もったいないってのは言っておきたいかな。
もっと適切な時期、適切な条件で行われれば、本当に強いステイヤーが強い勝ち方を見せてくれるはずです。

■中山金杯
どスローもいいところなのに、なぜか大逃げに近いかたちになって、馬群も縦長というヘボレース。
ヤマカツエースが勝ってくれたのが、せめてもの救いかな。
これでもうマイルを使われることもないだろうし、今年は飛躍を期待できそうですね。
ただ、そうは言っても、ラブリーデイになれるとは思わないし、仮にラブリーデイになったとしても、今年ではあんな成績は上げられないだろうな、と。
いずれにしても、使い詰めできちゃっているので、ここらで一息空けてくれるといいですね。

他では、フルーキーは、使うとこここじゃなかったよね、ってのと、スピリッツミノル、っつーか、酒井逃げろよ、と。

■京都金杯
つまらないレースでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。