2016/01/14

1/9,10,11の競馬 振り返り

■迎春S
スティーグリッツ負けちまったなぁ。。
まぁ、レース運びも下手だったけれどさ。
春天出走に向けて、次はどこを使おうか?
早春Sも良いけれど、飛ばしてダイヤモンドSにぶつけてくれんもんかなぁ。

■淀短距離S
ローレルベローチェ。
サクラバクシンオーの牡馬。ビッグアーサーと同期。母父キングヘイロー。
種牡馬になれるくらい頑張れよ。

■シンザン記念
ロジクライ、浜中が上手く乗りましたな。
前走は「全く競馬になっていない」の見本みたいなもんだったんで、納得のできる内容です。
ジュエラーは、前だけの競馬の中で、一頭だけ無理矢理追い込んで来たので、これは相当強い。
ネオユニの初年度の代表産駒となりそうだし、このままミルコとのコンビで進めてもらいたいですな。
そして、何よりもシゲルノコギリザメ。
まず、スーパーホーネットどうこうは置いておいて、素直に強かったですよね。
距離の目処も立ったので、今後はもっと気分良く逃げさせちゃっても良いのかも。
父ちゃんの種付け頭数が安定して50頭くらいを確保できるよう、マイル戦線で息の長い活躍をしてもらいたいものです。
それだけの頭数確保できたら、必ずやまた活躍馬も出すことができるでしょうから。

■フェアリーS
本番前での逃げ馬を用意できたという意味で、今年は有意義な一戦だったのではないでしょうか。

■大和S
スーサンジョイ、大したもんだ。
スタート後の芝で加速して先手が取れる馬なので、入り込めるのであれば、フェブラリーSに出走させてやりたいところですな。
出走するために使い詰めるのは良くないので、「除外されたら他考える」くらいの気持ちでね。
(陣営もその意向みたいですな)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント