2016/01/15

次走報

ノンコノユメは、フェブラリーSへ。
順調に進めて、万全の状態で出てきてもらいたい。
そして、勝ってもらいたいですな。

ロサギガンティアは、京王杯SCから安田記念へ。
なんだか、京王杯を勝っても安田記念で人気しなそうな雰囲気ですね。。
一時期の低迷で見切ってしまったところも、個人的には正直あるのですが、立て直しがされて、てっぺんまで突き抜けてくれるんならそれはそれで頑張ってもらいたい。
"フジキセキの最期の星"にまで上り詰められるかどうか、ってとこですな。

ローレルベローチェは、シルクロードSへ。
あー、ビッグアーサーとぶつかってしまうのか。。
ただ、ここで大コケするくらいの方が、本番ではマークが軽くなって逆に良いのかもしれないですね。
もちろん、本番出られれば、ですが。

スノードラゴンは、オーシャンSで復帰して、高松宮記念を目標に。
世代交代が一気に進みつつある感のスプリント戦線なので、なんだかもう一昔前の馬に感じてしまいますですなぁ。。
当時のフォームに戻っているのであれば、もちろん楽しみな一頭ではあるので、頑張ってもらいたいもんです。

イスラボニータは、中山記念に。
ドゥラメンテ、ロゴタイプ、イスラボニータの皐月賞馬3頭に、アンビシャス、リアルスティール、そしてモーリスまでもが集結したら、ほんと凄いことになりますな。
これ、もう、みんなドバイ行かなくていいんじゃねぇの!?
この馬も、マイルを目標とするくらいならば、適鞍求めて海外遠征をしてもらいたいのだけれど、陣営、なかなか踏み切らないんですよねぇ。
なんか事情があるのかな・・?

ハートレーは、共同通信杯から皐月賞へ直行のローテ。
昨今、結果が出ているローテではあるのですが、実際にはどうなんでしょうかねぇ。。
まぁ、そこはさておき、ひとまず共同通信杯での他の強豪との潰し合いが、楽しみではございます。

ロイカバードは、きさらぎ賞へ。
サトノダイヤモンドと激突ですな。
ただ、なんか、今春は裏街道を歩み続けそうなイメージ。
あくまでもイメージですが。。

ロジクライは、一戦挟んで皐月賞に向かう。
今年はレベル高いですからね。。
トライアルでどこまでやれるか、ってところでしょうか。

レッドアヴァンセは、武豊鞍上でエルフィンSへ。
今年のユタカさんの牝馬クラシックは、彼女とのコンビになりそうかな。

アドマイヤエイカンは、弥生賞へ。
ちょっと昨年の札幌2歳Sのレベルが疑問視されていますね。
今週、京成杯のプロフェット共々、盛り返してもらいたいもんです。

ラニが、米三冠レースに登録。ヒヤシンスSからUAEダービーに出走し、結果次第で参戦へ。
基本的にはUAEダービー出走は反対なのだけれど、彼は元々アメリカ産のアメリカ種牡馬の仔なわけだし、これだけ突き抜けたプランを掲げてくれるんだったら、後押ししたい気持ちになります。
「壊れても仕方がない」くらいの覚悟なんでしょうなぁ。。
健闘を祈りたいです。

ラブリーデイは、大阪杯から香港のQE2へ。
中距離に専念するのであれば、最適なローテですね。
秋の香港Cと合わせて、今後の中距離トップホースのスタンダードとなるのではないでしょうか。
ネーハイシーザーの頃にもこれができたらなぁ。。

ヌーヴォレコルトも大阪杯からQE2へ。
ヴィクトリアマイルに向かうことが"無駄"だというのは痛感したはずなので、これも最適なローテとなるでしょう。
今年は一つくらいはGⅠを取らせてやりたいもんですけどね。

ミッキークイーンは、阪神牝馬Sからヴィクトリアマイルへ。
今年もまた被害馬の一頭が誕生してしまいましたか。
阪神牝馬Sがマイル戦になったことがせめてもの救いですが。。

リアルスティールは、中山記念からドバイ遠征を予定。
この馬は、国内でマイル路線を歩んでもよい気はするのですけどね。
まぁ、ドバイに遠征するならターフを選ぶべきでしょう。

サウンドトゥルーは、川崎記念の後、フェブラリーSはスキップして、かしわ記念から帝王賞のローテで。
フェブラリーSスキップとはずいぶん思い切ったことをしましたな。
芝スタートが懸念とのことですが、チャンピオンズCのレース内容とかを見ても、中央のGⅠだと、15頭を捌いてエンジンを掛けないとといけないけれど、交流重賞だったら、3,4頭を捌けばいい、って考えもあってのことじゃないかと思います。
名より実を取る選択で、はっきりしていて好感が持てますね。

ホワイトフーガは、フェブラリーSへ。
距離適性も「?」だし、芝スタートもどうかだしで、微妙に感じはしますけどね。
まぁ、これだけ結果を残しているわけですし、挑戦すること自体は悪くはないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント