--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/21

次走報

トーホウジャッカルは、阪神大賞典から春天へ。
有馬記念では、菊花賞で負かした2頭がワンツー。後輩菊花賞馬が3着。
黙ってらんないところでしょう。
とにかく、状態が戻ってきていることを祈りたい。

フェイムゲームは、ダイヤモンドSか、阪神大賞典へ。
彼にとっての王道ですな。
今年は有馬を使ってほしいなぁ。

シュヴァルグランも、阪神大賞典から春天へ。
阪神大賞典が試金石となりますね。
春天の盛り上げに、一役買ってもらいたいところです。

ケルフロイデは、弥生賞か、スプリングSへ。
ごくごく当たり前のローテなんだけど、最近はここを歩まない馬も増えてきたから、なんだかホッとしてくる響きですな。

リオンディーズは、弥生賞へ。
最近、避けられつつある、旧来の王道路線を歩んでくれるようで。
中山での、エアスピネルとの再戦は楽しみですな。

ラストインパクトは、ドバイターフかシーマクラシックへ。
今後は、いわゆる角居先生的な使われ方をされていくんでしょうね。騎手も含めて。

メジャーエンブレムは、予定通りクイーンCへ。
阪神も経験しているし、何度も遠征させるのは負担が掛かるしで、たいへん合理的な選択ではあるのですが、正直、桜花賞を狙うにあたっては、あまり良いローテとは思えないんですよね。
まぁ、それも「共同通信杯のひと昔」みたいな話なのかもしれませんが。

ロードクエストは、スプリングSが有力。
この馬こそ、共同通信杯がいいんじゃないかだとか、それこそ毎日杯からNHKマイルでもいいのではと思いますが、狙いを皐月賞としているので、それならば悪くない選択でしょう。

シンハライトは、桜花賞直行か、チューリップ賞かで。
いやー、この直行はさすがにアウトでしょう。

ワントゥワンは、エルフィンSへ。
勝手なイメージでしかないですが、フィリーズレビューだったら、あっさり勝っちゃいそうな気がしないでもないですけどね。

ボールライトニングは、マイル路線。アーリントンCからNZT、NHKマイルCへ。
割り切った感じで良いですね。
こういった馬がもっと増えて欲しいし、ダービー狙いでついでにNHKマイルに来る馬を跳ね除けてほしいです。

イモータルは、共同通信杯へ。
状態戻っているといいですね。
もし戻ってきたのであれば、共同通信杯がこれまた凄いことになってきますな。

プランスシャルマンは、青葉賞などの東京戦をターゲットに。
ジャンポケっ仔だもんね。

スマートレイアーは東京新聞杯へ。
この馬の適性はどこなんだろうなぁ。。
陣営も掴みかねているからこその、ここでのこのレース選択なのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。