2015/09/21

クロスクリーガーが死亡

ほんと悪いニュースが続きますな。

そんな中でも一番。

キズナの引退も、昨日触れた通り、当然残念ではあるし、オルフェーヴルの全妹が亡くなったというのも、思い入れはないけれど、関係者の無念を思うといたたまれないし、第三者的にも普通に「もったいねぇな」と思うし、もちろん残念だけれど、それらと比較にならないくらい残念で、耳にしたのがセントライト記念の直後だったんだけれど、脱力してレース結果なんかどうでもよくなっちゃった、ってくらい、てゆうか書ききれないくらいの残念さです。

少なくともあと3年。長ければ5年は活躍していなければならなかった馬。
そして、好きな馬でもありました。

今頃、父ちゃんに会っているんだろうけど、父ちゃん怒っているぞ、「早すぎる」って。

あー、もったいねぇ。悔しい。残念。

良い馬を亡くした。スターホースを亡くした。種牡馬を失った。

「競馬の神様、そりゃねぇよ」と思った久々の出来事でした。

今はただただ、クロスクリーガーのご冥福をお祈りするのみです。
合掌。どうぞ安らかに。


この馬の高パフォーマンスレースはたくさんあるけれど、個人的に一番好きなのはこれ。

新馬戦 クロスクリーガー
https://youtu.be/b2NCeuFAAGA

2015/09/20

キズナ引退

まぁ、残念というのは確かですよね。

つっても、個人的にはそれほど思い入れがあるわけでもなく、というよりはむしろ、"ごく普通のダービー馬"が、なぜか「負けたら事件」みたいな扱いが大げさでもないくらいに祭り上げられてしまっていたところを、冷めた目で(と言うほどではないか、まぁ冷静に)見ていたというのが正直なところで、さらに言えば、ちょっとかわいそうだったな、とも思っていたりもしています。

最も印象に残ったレースは凱旋門賞。
よく言われる、ダービーも、ニエユ賞も、個人的にはあんまり評価していなくて、自ら動いて、オルフェーヴルに蓋をして負かしに行ったこのレースが、圧倒的に印象的で、かつ強かったとも思っております。

2013年 凱旋門賞
https://youtu.be/1J4KF7GYvGM

・・てか、トレヴ強ぇ。。

後は、そうだなー、一般的には、「適性外だったのに」と叩かれることも多いようだけれど、春の天皇賞に2年も続けてダービー馬が出てきてくれたことは、素直に嬉しかったし、感謝しなければならないことなんじゃないかなぁ、と。

種牡馬としてはどうなんでしょうね。

とりあえず、日本一の種牡馬(に一応なっている)ディープインパクトの現時点での"牡馬最高傑作"なわけで、かつ、ディープインパクトは、母父がAlzaoだから牝馬に活躍馬が集中するのはごく自然で、今後も活躍馬が牝馬に集中したら、最終的にも代表産駒と位置付けられる可能性もゼロではなく、後継種牡馬としての未来は、現役時代の異常な持ち上げられ方を抜きにしても、明るいんじゃないかな、と個人的には思っております。
ごく普通に、ディープインパクトには手が届かったり溢れた生産者が、「代替」としてこぞって集まってくるんじゃないかと。
後はまぁ、なんつったって人気ありますからね。

唯一の心残りは、秋天→JC→有馬の秋の王道3戦での走りを見られなかったこと。
まぁ、でも、故障休養後は別馬みたいになってしまったから、最初の故障の時点で、真の意味で"それ"は見ることができなくなってしまっていたのかもしれませんけれどね。

いずれにしてもお疲れ様でした。

強い子を出してくれよな。
2015/09/06

藤田引退

立つ鳥、跡を濁したのは偉い。

藤田伸二騎手引退メッセージ
2015/09/05

JRAレーシングビュアーに求めたいこと

伝説の名勝負だとか、マルチカメラだとか、後回しで構わないんで、早いとこ、下記の当たり前の機能を提供してください。

1.各馬の戦績一覧から、レース動画へのリンク
とにかくこれ。
これないとか、ほんとあり得ない。
例えば、「ドゥラメンテの共同通信杯を見たい」と思ったら、カレンダーから(ドゥラメンテからでない!)2015年の2月のところに行って、「共同通信杯」を選択しなければならない、ってもうこの時点で既にあり得ないのに、更に「新馬戦を見たいな」と思ったら、またカレンダーに戻って、2014年の10月12日、東京競馬場と辿って、芝1800mのレースを選択しないと見られないとか。
誰も新馬戦の日付なんて覚えてねーよ、っての。

2.レース結果から各馬へのリンク
上の例で、共同通信杯を見て、勝ち馬のリアルスティールの新馬戦を見たいな、と思っても、そこから直接遷移ができないから、またカレンダーに戻って、2014年12月27日の阪神競馬場を選んで、芝1800mの新馬戦を選択しなければ見られないっていう。
いや、だから、新馬戦の日付とか覚えていないから。
さすがにあり得ないでしょ?

3.検索機能
「共同通信杯」と検索したら、過去10年とか20年とかのレース結果の一覧が表示されて、好きな年の映像が見られる。
リアルスティールのレースが見たかったら、「リアルスティール」で検索して、戦績一覧が表示されて、デビューからの見たいレースが見られる。
いや、このくらいあって当然でしょう。
今は、カネ取っておいてこんなことすらできないんですぜ。

4.ワンクリックでその一日のレース垂れ流し(競馬場毎でもいい)
週末や月曜の夜だとかに垂れ流したい。
拾えていなかった新たな発見もありそうだし。
全てのレースを1レース毎にクリックして見るなんて、さすがに煩わしくってやる気が起きないっす。

5.ワンクリックで重賞調教垂れ流し
これも一緒。1頭1頭わざわざ選択して見るなんて煩わしくてとてもできない。
昔、テレビでもやっていたように、全馬の調教を一気に見られるボタン作ってよ。

6.2001年以前の全レース公開
見たいなー。あの馬の新馬戦とか。特別とか。

7.解像度の大幅アップ
香港とかだと公式で(つまりJRAのHP的なとこで)、JRAレーシングビュアーよりも、ずっとずっと高画質の映像が、誰でも見られるわけで(もちろん無料で)、
カネ取って、それを大幅に下回る画質とか、さすがに満足はできないでしょう。
2015/09/02

嫌いな言葉

・○○の全弟(妹)、父ディープインパクト

・○○馬場(「キンカメ」とかが入る)

・長距離戦は時代の潮流がうんたら

・長距離戦は世界的にうんたら

・「ハープが奏でる重賞の調べ」的などーたら

・(ある特定の文脈で)折り合い

・前が止まらなかった

・伸びなかった(上がり3ハロン33秒0)

・秋初戦はローズSを予定している

・神戸新聞杯から始動する

・絶好の馬場

・札幌記念をステップに(略

・「ふーん、最近儲かってる?」