2017/04/05

史上最高の桜花賞

■6番人気
チューリップ賞3着の後、アネモネSを勝利。アネモネSでは、ミルフォードスルーを撃破。後のタニノギムレットの母、タニノクリスタル

■5番人気
函館3歳Sを勝利し、阪神3歳Sでは牡馬に混じって1番人気で3着。シンザン記念では、後に共同通信杯を制し、皐月賞、ダービーを共に3着するイイデセゾンを撃破、ミルフォードスルー

■4番人気
福寿草特別でナイスネイチャら牡馬相手に2馬身半差の快勝。チューリップ賞ではスカーレットブーケを2馬身半千切る完勝。3戦3勝のトウショウボーイ産駒、シスタートウショウ

■3番人気
札幌3歳Sの覇者で、年開けてクイーンCを3馬身差楽勝。前走チューリップ賞2着を叩いての参戦。父はJRA9年連続リーディングサイアー継続中のノーザンテースト、鞍上武豊、スカーレットブーケ

■2番人気
デイリー杯3歳S、ペガサスS(現アーリントンC)と、牡馬相手に重賞2連勝中。デイリー杯では、西の3歳(現2歳)牡馬チャンピオン、イブキマイカグラを撃破。前年のJRA賞3歳(現2歳)牝馬チャンピオン。こちらもノーザンテースト産駒、ノーザンドライバー

■1番人気
5戦5勝。3歳(現2歳)時、桜花賞と同じ舞台(京都マイル)のラジオたんぱ杯3歳牝馬Sで、スカーレットブーケ以下に3馬身半差の完勝。エルフィンSの2馬身半差を経て、前走、桜花賞トライアル(現フィリーズレビュー)を1.2倍で3馬身半差圧逃、快速の抽選馬、イソノルーブル
2017/04/04

大阪杯 レース回顧

強かった。強かった。
なんか、恵まれたとかいった見方もあるみたいだけれど、逃げ馬2頭は自分の競馬をしたし、ノリさんも(返し馬から?)執拗に絡んだし、内目の有力馬、ステファノスとサトノクラウンはいつもよりも前を積極的にピッタリマークの競馬だったし、外の3頭、ヤマカツエース、アンビシャス、マカヒキは、阪神2000mじゃ、外枠からはなかなかポジション取れないから、前が潰し合っての漁夫の利的な競馬に賭けるのもわからんでも無いし、みんなみんな、ベストは尽くしたんじゃないかと思いはします。
そんな中、恵まれた風にも見えるくらいに圧勝しちゃうキタサンブラックの力が抜けていたということでしょう。しかも、ベストとは言えない2000mの舞台で。大目標の前哨戦で。

「手合い違いの完勝でした。」で総括できちゃう一戦だったのかもしれんですね。
あとは、何よりやっぱユタカ上手かったですよ。

キタサンブラック
なんかもう、レース内容には触れる必要が無い感じだから、やっぱり現役延長の話だよね。タイミング的には「今年いっぱい」が、もうこれ以上無いくらいの最高の退き方ってのは、なぜかみんながみんな、感覚的にわかっているところなんだけど(なんでだろね?)、なので、この話聞いたときには、「をいをい」って思ったというのが正直なところだけれど、でも冷静に考えると、サブちゃんもう80歳だし、4年後、5年後に子供をとか普通に考えづらいし、それ以前に(不謹慎だから言うのやめようかと思ったけど)、キタサンブラック引退したら、なんかサブちゃんも気が抜けて寝込んじゃいそうだし、現役続行も悪くはないのかな、と思ってきた次第です。いずれにしても「何より無事に」でありますな。
次は春天。歴史的な一戦にも近いものが見られそうで、これが楽しみでない人は競馬ファンではないと言ってもよいくらいじゃないかと。サトノ勢がどんな戦法組んでくるかわからないけれど、それよりも何気に、出て来ないはずだったゴールドアクターの参戦が、痛いと感じたりしてるんじゃないですかねぇ、ユタカさん?

ステファノス
まぁ、藤原先生の名人芸と言いますか、本番に向けてキッチリと仕上げてきてくださいました。調教も良かったし。あとはなんたって、キタサンブラック除いたら、そもそも実績は1番なわけだからね。周りの馬券の上手そうな方々はみんな当てていた感じ。結構、美味しかったんじゃないかと思います。合わせて、それを吹っ飛ばすくらいの川田の積極的な好騎乗。「やりゃあできんじゃねぇかよ」って。まぁ、枠にも恵まれたので、思い切って踏み込めたところはあるんだろうけど、それでも称えるところは称えてやりましょう。次はQE2に行けたらいいですね。

ヤマカツエース
強くなっている。池添共々精一杯の競馬もした。ただ、阪神2000mのあの枠では、ポジションを取りに行くことができなかった。内目の枠をあげたかった。正攻法で勝つには相手が強すぎた。そんなとこですかね。
強くなる過程が、ラブリーデイに類似しているので、重ねる人も多くいるけれど、もしかしたら、一番強いときのラブリーデイより強いんじゃないか?ってくらいにまでになっているんじゃないかと思ったりもします。
QE2にも登録があるけれど、一瞬噂に上がった豪州遠征も見てみたかったもんだなぁ、とも。

マカヒキ
叩いて確実に状態は上がっていたでしょう。でも、パドックとか見ても、全くと言っていいほど成長が感じられなかった。ダービーのときはあんなに抜けていたのになぁ。まぁ、結構な早生まれ(1月28日生)でもあるので、そのアドバンテージで食っていたところはあったのかなぁ、と。いや、皐月賞はレベル高かったですよ、まじで。
ただ、ちょっとこの成長力の無さは結構ながっかりを与えてくれるもんで、そりゃまぁこれは、アークで14着するわなぁ、って感じ。この先も、ちょっとこのレベルではもう厳しそうだし、血統的な背景もあるので、次は安田記念に向かったらいいなと思っていたら、残念ながら宝塚記念なんですな。この見立てが外れてくれたら良いのですけれども。。

アンビシャス
中山記念はいかにも叩き台の競馬だったので、狙いはこの馬かと前走以降は見ていたところもあったけど、調教も芳しくなく、残念ながら上がり目があまり見られなかったですなぁ。加えて、福永だからどうこうではなく、この馬にテン乗りであの枠では、なかなか前には行きづらいので、あの競馬もまぁ仕方なしってところでしょうか。昨年から、ノリさん固定で行ってもらいたかったけどね。ちょっともったいない競争生活送っちゃってます。

サトノクラウン
ドバイシーマに行くべきだったでしょ。勝てたかどうかは何とも言えんけれども、正直、あっちに向かってくれた方がワクテカできたし、箔だって付いたし、カネにもなっただろうし。日本には向いていそうなレースもあんまり無いので、何だったら、今年は欧州行脚でも良いと思うけれど、もし、日本で大きいところ狙うんならば、春天なんじゃないかなぁ、とも思ってもみたり。

マルターズアポジー
まさにケレン味の無い逃げ。素晴らしかった。
アポ爺と呼ばれるくらいまで長く現役を続けて、GⅠレースに華を添え続けてほしいもんですな。
2017/04/01

豪華メンバーが揃った大阪杯

【大阪杯出走馬】
キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウン、ヤマカツエース、アンビシャス、ミッキーロケット、マルターズアポジー、ステファノス、サクラアンプルール、ロードヴァンドール、スズカデヴィアス、モンドインテロ、ディサイファ、アングライフェン

【天皇賞(春)出走予定馬】
キタサンブラック、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、シャケトラ、シュヴァルグラン、アルバート、レインボーライン、アドマイヤデウス、ディーマジェスティ、トーセンバジル、フェイムゲーム、ワンアンドオンリー、タマモベストプレイ、ラブラドライト


近年、一流馬の海外流出が相次ぎ、盛り上がりを欠いていた上半期の古馬戦線の改善を狙いとして、今年からG1に昇格した大阪杯は、競馬の根幹となる重要な距離である芝2000メートルでの施行であることを反映し、昨年の年度代表馬キタサンブラックをはじめ、ダービー馬マカヒキ、年末の香港国際競走でで世界的にもトップホースの一頭であるハイランドリールを下したサトノクラウン他、豪華なメンバーが集まった。

近年、世界的に衰退の一途を辿っている長距離戦だが、国内においてもその例に漏れず、近年は中距離型の馬の多くが、ドバイや香港に流出するケースが多く見られ、天皇賞・春はメンバーの質の低下が続いていた。今回、大阪杯がG1となったことにより、この流れが加速化することは疑いようがなく、天皇賞・春の空洞化が更に進むことは必至であると言える。長年唱えられてきた距離見直し論の再燃は避けられない状況であり、議論の再開は急務であると考えられよう。

(miesque Ken1)
2016/09/20

SS前夜のダービーと昨夜のダービーと

ブライアンズタイム、トニービン、ミルジョージ、ブレイヴェストローマン、ノーザンテースト、
キンググローリアス、アンバーシャダイ、トニービン、シェルシュールドール、タマモクロス、
マルゼンスキー、メリーナイス、バイアモン、ラッキーソブリン、ポリッシュネイビー、
パドスール、ステートジャガー、サクラショウリ

ディープインパクト、ディープインパクト、ディープインパクト、キングカメハメハ、キングカメハメハ、
ダノンシャンティ、ディープインパクト、ステイゴールド、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、
マツリダゴッホ、ヴィクトワールピサ、ディープインパクト、ハービンジャー、マンハッタンカフェ、
マツリダゴッホ、ハービンジャー、トーセンファントム

どっちが面白いかは、価値観によるところになるのでしょうけどもね。
2016/09/13

ロードカナロア顕彰馬に選定されず

まずは、実名入りの投票結果のリストを持ってこい。
話はそれからだ。