2017/04/04

大阪杯 レース回顧

強かった。強かった。
なんか、恵まれたとかいった見方もあるみたいだけれど、逃げ馬2頭は自分の競馬をしたし、ノリさんも(返し馬から?)執拗に絡んだし、内目の有力馬、ステファノスとサトノクラウンはいつもよりも前を積極的にピッタリマークの競馬だったし、外の3頭、ヤマカツエース、アンビシャス、マカヒキは、阪神2000mじゃ、外枠からはなかなかポジション取れないから、前が潰し合っての漁夫の利的な競馬に賭けるのもわからんでも無いし、みんなみんな、ベストは尽くしたんじゃないかと思いはします。
そんな中、恵まれた風にも見えるくらいに圧勝しちゃうキタサンブラックの力が抜けていたということでしょう。しかも、ベストとは言えない2000mの舞台で。大目標の前哨戦で。

「手合い違いの完勝でした。」で総括できちゃう一戦だったのかもしれんですね。
あとは、何よりやっぱユタカ上手かったですよ。

キタサンブラック
なんかもう、レース内容には触れる必要が無い感じだから、やっぱり現役延長の話だよね。タイミング的には「今年いっぱい」が、もうこれ以上無いくらいの最高の退き方ってのは、なぜかみんながみんな、感覚的にわかっているところなんだけど(なんでだろね?)、なので、この話聞いたときには、「をいをい」って思ったというのが正直なところだけれど、でも冷静に考えると、サブちゃんもう80歳だし、4年後、5年後に子供をとか普通に考えづらいし、それ以前に(不謹慎だから言うのやめようかと思ったけど)、キタサンブラック引退したら、なんかサブちゃんも気が抜けて寝込んじゃいそうだし、現役続行も悪くはないのかな、と思ってきた次第です。いずれにしても「何より無事に」でありますな。
次は春天。歴史的な一戦にも近いものが見られそうで、これが楽しみでない人は競馬ファンではないと言ってもよいくらいじゃないかと。サトノ勢がどんな戦法組んでくるかわからないけれど、それよりも何気に、出て来ないはずだったゴールドアクターの参戦が、痛いと感じたりしてるんじゃないですかねぇ、ユタカさん?

ステファノス
まぁ、藤原先生の名人芸と言いますか、本番に向けてキッチリと仕上げてきてくださいました。調教も良かったし。あとはなんたって、キタサンブラック除いたら、そもそも実績は1番なわけだからね。周りの馬券の上手そうな方々はみんな当てていた感じ。結構、美味しかったんじゃないかと思います。合わせて、それを吹っ飛ばすくらいの川田の積極的な好騎乗。「やりゃあできんじゃねぇかよ」って。まぁ、枠にも恵まれたので、思い切って踏み込めたところはあるんだろうけど、それでも称えるところは称えてやりましょう。次はQE2に行けたらいいですね。

ヤマカツエース
強くなっている。池添共々精一杯の競馬もした。ただ、阪神2000mのあの枠では、ポジションを取りに行くことができなかった。内目の枠をあげたかった。正攻法で勝つには相手が強すぎた。そんなとこですかね。
強くなる過程が、ラブリーデイに類似しているので、重ねる人も多くいるけれど、もしかしたら、一番強いときのラブリーデイより強いんじゃないか?ってくらいにまでになっているんじゃないかと思ったりもします。
QE2にも登録があるけれど、一瞬噂に上がった豪州遠征も見てみたかったもんだなぁ、とも。

マカヒキ
叩いて確実に状態は上がっていたでしょう。でも、パドックとか見ても、全くと言っていいほど成長が感じられなかった。ダービーのときはあんなに抜けていたのになぁ。まぁ、結構な早生まれ(1月28日生)でもあるので、そのアドバンテージで食っていたところはあったのかなぁ、と。いや、皐月賞はレベル高かったですよ、まじで。
ただ、ちょっとこの成長力の無さは結構ながっかりを与えてくれるもんで、そりゃまぁこれは、アークで14着するわなぁ、って感じ。この先も、ちょっとこのレベルではもう厳しそうだし、血統的な背景もあるので、次は安田記念に向かったらいいなと思っていたら、残念ながら宝塚記念なんですな。この見立てが外れてくれたら良いのですけれども。。

アンビシャス
中山記念はいかにも叩き台の競馬だったので、狙いはこの馬かと前走以降は見ていたところもあったけど、調教も芳しくなく、残念ながら上がり目があまり見られなかったですなぁ。加えて、福永だからどうこうではなく、この馬にテン乗りであの枠では、なかなか前には行きづらいので、あの競馬もまぁ仕方なしってところでしょうか。昨年から、ノリさん固定で行ってもらいたかったけどね。ちょっともったいない競争生活送っちゃってます。

サトノクラウン
ドバイシーマに行くべきだったでしょ。勝てたかどうかは何とも言えんけれども、正直、あっちに向かってくれた方がワクテカできたし、箔だって付いたし、カネにもなっただろうし。日本には向いていそうなレースもあんまり無いので、何だったら、今年は欧州行脚でも良いと思うけれど、もし、日本で大きいところ狙うんならば、春天なんじゃないかなぁ、とも思ってもみたり。

マルターズアポジー
まさにケレン味の無い逃げ。素晴らしかった。
アポ爺と呼ばれるくらいまで長く現役を続けて、GⅠレースに華を添え続けてほしいもんですな。
2017/04/01

豪華メンバーが揃った大阪杯

【大阪杯出走馬】
キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウン、ヤマカツエース、アンビシャス、ミッキーロケット、マルターズアポジー、ステファノス、サクラアンプルール、ロードヴァンドール、スズカデヴィアス、モンドインテロ、ディサイファ、アングライフェン

【天皇賞(春)出走予定馬】
キタサンブラック、サトノダイヤモンド、ゴールドアクター、シャケトラ、シュヴァルグラン、アルバート、レインボーライン、アドマイヤデウス、ディーマジェスティ、トーセンバジル、フェイムゲーム、ワンアンドオンリー、タマモベストプレイ、ラブラドライト


近年、一流馬の海外流出が相次ぎ、盛り上がりを欠いていた上半期の古馬戦線の改善を狙いとして、今年からG1に昇格した大阪杯は、競馬の根幹となる重要な距離である芝2000メートルでの施行であることを反映し、昨年の年度代表馬キタサンブラックをはじめ、ダービー馬マカヒキ、年末の香港国際競走でで世界的にもトップホースの一頭であるハイランドリールを下したサトノクラウン他、豪華なメンバーが集まった。

近年、世界的に衰退の一途を辿っている長距離戦だが、国内においてもその例に漏れず、近年は中距離型の馬の多くが、ドバイや香港に流出するケースが多く見られ、天皇賞・春はメンバーの質の低下が続いていた。今回、大阪杯がG1となったことにより、この流れが加速化することは疑いようがなく、天皇賞・春の空洞化が更に進むことは必至であると言える。長年唱えられてきた距離見直し論の再燃は避けられない状況であり、議論の再開は急務であると考えられよう。

(miesque Ken1)
2016/09/20

SS前夜のダービーと昨夜のダービーと

ブライアンズタイム、トニービン、ミルジョージ、ブレイヴェストローマン、ノーザンテースト、
キンググローリアス、アンバーシャダイ、トニービン、シェルシュールドール、タマモクロス、
マルゼンスキー、メリーナイス、バイアモン、ラッキーソブリン、ポリッシュネイビー、
パドスール、ステートジャガー、サクラショウリ

ディープインパクト、ディープインパクト、ディープインパクト、キングカメハメハ、キングカメハメハ、
ダノンシャンティ、ディープインパクト、ステイゴールド、ゼンノロブロイ、ディープインパクト、
マツリダゴッホ、ヴィクトワールピサ、ディープインパクト、ハービンジャー、マンハッタンカフェ、
マツリダゴッホ、ハービンジャー、トーセンファントム

どっちが面白いかは、価値観によるところになるのでしょうけどもね。
2016/09/13

ロードカナロア顕彰馬に選定されず

まずは、実名入りの投票結果のリストを持ってこい。
話はそれからだ。
2016/08/17

サマーステイヤーシリーズ

つーか、まぁ、そもそも、サマーなんちゃらシリーズ全般には反対なわけですよ。
2000シリーズは、これらシリーズの中でも最もメンバーが薄い、二線級三線級の争いでしかないし、スプリントシリーズは、まぁ、いくらかマシではあるけれど、スプリンターズSが昔の位置ならともかく、9月に行われる今の状態じゃあ、シリーズ戦い抜いた馬には、そこにお釣りは残らないから、必然的に軽視されるよって話だし、マイルシリーズは、ちゃんちゃらだし。
とてもとても、盛り上がっているとは言えない状況ですからねぇ、いずれも。

でもって、この時期、2000mを超える重賞が一つも無いわけですよ。
なので、そこそこ強いステイヤーが、夏場に重賞使おうとしたら2000m戦に出るしかないってわけ。
で、当然、距離適性無いからコロコロ負けるわけですよ、当たり前だろって話。
そうすると「ステイヤー雑魚」っていう謎の風評がまかり通ってですね、で、冬場にようやく長距離戦が組まれだしたら、嫌々中距離使って連敗していた馬が、人気薄であっさり勝っちゃうもんだから、「こんな雑魚が勝つ長距離戦は糞」っていうこれまた謎の論法が完成するってわけ。なんだそりゃって話。

・・少し脱線したな。。

まぁ、ほんとは、3000m超のGⅠが春秋にきっちりと組まれて、それも開幕2週目とかの超高速の京都とかじゃなくて、スタミナの問われる条件で行われて、そこに向けての前哨戦も充実して、ハンデGⅢやオープン特別も適度に組まれて、ってのが理想なんだけど、なかなかというか、まずそうはならないから、せめて、何かしらのステイヤーが輝く舞台を用意してやりたいと思うわけなんですよね。

まぁ、そんなこんなで、どうせくだらない、サマーなんちゃらシリーズやるんだったら、ステイヤーシリーズもやってみたらいいじゃんよ、って話でございます。
ステイヤーは、秋に目標も無いから、シリーズ組まれたら、ガチで参戦してくる上級馬馬も多数出てくるんじゃないかと思うんだよね。少なくとも、他のシリーズよりはさ。

つーことで、サマーステイヤーシリーズ。
開幕戦は、3回東京の第1週、ここの3400mからスタート。
ほんとは、3200mの頃の方が良かったけれど、まぁ、今はやりようがないから仕方が無い。

続いては、阪神3000m。
春天よりも、ずっとずっと真のステイヤーが勝利する素晴らしい条件。
ここをシリーズに組み込まない理由は無いですわな。

続いて、中京の3000m。
ローカル場所で組むことができる貴重な3000mの設定。
当然改修前だけれど、メジロマックイーンが最初に阪神大賞典を勝ったのは、中京の3000mなんだよね、ってのは意外と知られていない話。

お次は、札幌の2600m
これは入れても入れなくても良かったけれど、
夏だし、洋芝の、そして北海道のレースもあった方が良いかな、ってんで組み込んでみました。
「ペルーサのレコード破ってみろよ」ってとこですかな。
てか、札幌って、2800mなり、3100mなり、組めんもんですかねぇ?コース図見てもさ。

そして、新潟の3200m。
直千のスタート地点から、ゴール板を通過し、新潟の外回りをぐるっと一回りする壮大な設定。
これが用意されていながら、これまで一度も組まれたことがないって、もったいないの一言だろうって話ですよ。

そしてそして、オーラスは、中山3200m。
中山4000mも考えたけれど、それはそれで「日本最長距離S」として、どこか別の場所で、より主要な条件として復活させることとして、サマーステイヤーシリーズの締めとしては、懐かしき、そしてあえて言うと「今は亡き」ブラッドストーンSのこの条件でいいんじゃないかと、勝手に落ち着いたわけでございます。

シリーズは、まぁ、自然とポイント制になるわけだけれども、なんていうか、こう、一つ二つ出走して、そこで勝てば優勝できちゃう設定ではなくて、一つでも多くのレースを走った馬に有利となるような、ポイント設定とするのが良いんじゃないかと思うんですよね。

最終戦のゴール後、この過酷なシリーズを走り抜いた勇者たちには、盛大な拍手が降り注ぐこと請け合いでしょうなぁ。

このシリーズへの参戦のためだけに、高齢まで現役を続ける馬だって出てくるかもしれない。

話半分で書き始めてみたけれど、なかなか面白そうでないかい!?
うまくいかなかったら、やめればいいわけだし、ダメ元で1回やってみませんかね?JRA様?